2008年12月のおすすめの本をご紹介 | Numero TOKYO
Culture / Post

2008年12月のおすすめの本をご紹介

『幻影の書』
ポール・オースター/著 柴田元幸/訳

かつてないほどの深い救いを描いた、オースターの最新作 妻子をなくし、人生の危機のただ中にいたアル中男。そんな彼に生きる気力を引き起こさせた、一本のコメディ映画。救いとなる幻影を求め、その監督の消息を追う旅へと出る主人公。オースターの魅力すべてが詰め込まれた感動の長篇。救いを求める、すべての人に。 ¥2,415(新潮社) 10/31発売
次のページへ
次のページへ

本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する