918
Culture Post

衝撃! 謎の“横丁オフィス”放浪記

中野ブロードウェイ内の一角に出現した赤提灯と電飾きらめく横丁を訪ねて。芸術(アート)異空間の放浪記。

Photos : Yoshimitsu Umekawa
Edit & Text : Keita Fukasawa

yokochooffice_01
入り口。ビル内のフロアを進んでいくと、いきなりこの眺めが出現して吃驚。

赤提灯に揺らめく芸術(アート)の哀歌(エレジー)

突然出現したその横丁の名は、江戸時代の名工「左甚五郎」× 欧州の流浪の民「ジンガロ」=甚蛾狼(ジンガロ)横丁。謎が謎呼ぶ夜の町。誰が、何のために…? 日本×芸術(アート)の最前線を照らす、怪怪奇奇なる横丁アナザーストーリー。

サブカルの聖地にZingaroあり
 
……あれは、夢だったのだろうか。目を閉じて、赤提灯と電飾看板に照らされた路地の情景を思い返してみる。誰もが「そんな横丁は知らない」というけれど、確かにこの目で見たのだ。その名も「中野ジンガロ横丁」。ジンガロ、甚蛾狼──。
 

yokochooffice_02
ガラス扉を開ければ、そこは昭和の横丁だった…!

その日、私は“ ポスト秋葉原”とも称されるサブカルチャーの聖地、中野ブロードウェイを訪れていた。JR中野駅から続くアーケード街に直結した、迷路のような複合ビル。地上から4階までは喫茶店、ブティック、美容室、医院、葬儀屋など昔ながらの店構えに、マンガ古書、同人誌、アニメグッズ、コスプレ衣装、フィギュア、ヴィンテージ玩具、カメラ機材など、あらゆるジャンルのマニア・オタク向け専門店が混在する。上層階は、かつて青島幸男や沢田研二らが居を構えたことでも知られる住居フロア。1966年に誕生した超先駆的な商業住宅複合ビルは、いつしか世界に類のないカオスなサブカル空間になっていた。

その3階に、村上隆が率いるカイカイキキが、ギャラリー兼アート雑貨店「Hidari Zingaro(ヒダリ ジンガロ)」をオープンしたのは2010年のこと。以来、陶芸や骨董を扱う店、イラスト投稿コミュニティサイト「pixiv(ピクシブ)」とのコラボレーションによるギャラリー、ノルウェー発のコーヒー店「Fuglen(フグレン)」がプロデュースするカフェを続々と展開。訪ねたのは、これら4軒を束ねるオフィス……のはずだった。

昭和の横丁が忽然と出現

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者、ライター、『Numero TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numero TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集やインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)などがある。『Numéro TOKYO』では、アート/デザイン/カルチャー分野の記事を担当。

Recomended Post