803
Culture Post

スケート界を揺るがした、衝撃事件の真相が今明らかに!

フィギュアスケート界を揺るがせた史上最大のスキャンダル――「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の裏側にあったドラマを映画化した、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』が公開される。

Text:Naoto Mori Edit:Sayaka Ito, Yukiko Shinto

汚名にまみれたトップアスリートの運命を追う衝撃の実話

主人公はトーニャ・ハーディング。史上二人目、アメリカ人女性では初のトリプルアクセル成功者でありながら、この事件により弱冠23歳で世界中のヒール(悪役)となってしまった伝説の元フィギュアスケーターだ。

1994年、リレハンメルオリンピックの出場権を得るために、元夫にライバル選手を襲撃させた容疑者としてマスコミを騒がせたトーニャ。この映画では事件の真相を探ると共に、彼女の複雑な家庭環境やダメ男との恋愛事情など生い立ちや内面まで実録タッチで追っていく。

今年のアカデミー賞では製作も務めたトーニャ役のマーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で有名)が主演女優賞にノミネート。そしてトーニャの強烈な母親を怪演したアリソン・ジャネイが助演女優賞を受賞。

貧しい家庭に生まれ、氷上のプリンセスから犯罪者の汚名までのふり幅を駆け抜けたひとりの女性。その波乱万丈の運命を、ジェットコースター感覚でパワフルに見せる。改めて彼女が呼ぶのは悲劇のヒロインとしての共感か、やはりダーティさへの反感か? 文句なしの面白さだ。

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
監督/クレイグ・ギレスピー
出演/マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャネイ、ジュリアンヌ・ニコルソン
2018年5月4日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
URL/tonya-movie.jp/

©2017 AI Film Entertainment LLC

いいね!

Recommended Post