Culture / Editor's Post

フィンランドへもミュージアムへもひとっとび。大型本があれば!

ご多分にもれずゴールデンウィークの旅行を泣く泣くキャンセルした私。Netflixで「世界の摩訶不思議な家」や「OUR PLANET」 を観たりしては気を紛らわせていたのですが、このところ我が家で人気急上昇中なのが、こちら。

マップス 新・世界図絵 愛蔵版』です。ポーランドの絵本作家が手がけ、300万部以上売れているベストセラーになった大判地図絵本『マップス』の新装版(20カ国追加&最新情報に更新したもの)で、動植物、名建築、食べ物、著名人、文化などあらゆる特色をイラストで解説していてとても面白いです。世界62か国それぞれ見開きでどどんと紹介していて、“大きな紙に描かれた地図を見る”という行為が見知らぬ場所へ旅に出かけるときの高揚感とどこか近いものがあるのかもしれません。行った気にまではならないけれど、妄想トリップにはもってこいです。

また現在、徳間書店のサイトで同シリーズの『マップスらくがきワークブック』のぬりえ、めいろなどをダウンロードできます。

ちなみにこの本、どれだけ大きいかというと……

このぐらい!

文庫本と比べてみました。蛇足ですが、右の『フィンランド語は猫の言葉』も大変面白いです。まずタイトルがいいですよね〜。

翻訳家の稲垣美晴さんがフィンランドに留学していた頃の語学習得にまつわる苦労話をまとめたエッセイで、約40年前に出版された当時は未知なる北欧の国フィンランドを知るための本としても紹介されたようですが、私は“違い”を知り受容していくプロセスに興味をそそられ、また留学経験者としてはあるあるの嵐でもありました。

それと、「フィンランドの人はコーヒーをよく飲む」というのは『マップス』にも『フィンランド語は猫の言葉』どちらにも書いてあったので間違いないのであろうと思っています。(どうでもいい情報ですが、このエディターズポストを書きながら私はムーミンマグでコーヒーを飲んでいます……)

そしてこちらは2Dミュージアムのような図鑑『アニマリウム』。英イラストレーターのケイティ・スコットによるビジュアルを愛でて楽しめる一冊で、これまた大型本です。他に、植物編ときのこ編もあります。美術館、博物館、図書館のオープンまであともう少し……! この状況を楽しみながら待ちたいと思います。

Profile

井上千穂Chiho Inoue ウェブ・コンテンツ・ディレクター。『Numero TOKYO』創刊に参加し、エディターとして主に特集を担当。2011年に卒業後、ウェブマガジン「honeyee.com」「.fatale」の副編集長をつとめ、19年よりNumero TOKYOへ出戻り。外出自粛生活を機に念願のクラシックギターを購入。映画『ビフォア』シリーズのセリーヌ(ジュリー・デルピー)と『はじまりのうた』のグレタ(キーラ・ナイトレイ)のような弾き語りを理想に掲げ、イメトレには余念がない、二児の母。

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する