Art / Editor’s Post

世界中のミュージアムや大学が配布中! アートな“ぬり絵”

先日は休館中のミュージアムをオンラインで巡ってみましたが、世界中のありとあらゆる大学や博物館が「#colorourcollections」との呼びかけとともにぬり絵を無料配布していることを知りまして、連休中はぬり絵を楽しみました。

連休明けましたがまだどれも未完成。細かい絵のコレクションが多く、じっくり遊べます
連休明けましたがまだどれも未完成。細かい絵のコレクションが多く、じっくり遊べます

妖怪や珍獣が好きな5歳と2歳の娘たちは、ミネソタ大学のコレクションに興味津々。ドラゴンとかタコとか一角獣とか、神話に出てくるような奇怪な生き物ばかりで、特にお気に入りだったのは“Piscis Leonini(魚ライオン?)”。最初は「キメラかな?」と思ったのですが、背びれは娘が知らぬ間に描き加えていたものでした……ヘンテコな絵なので想像力が育まれるのかもしれません。また「ゴッホはどう?」と尋ねると「フリーダ・カーロがよかった」とあっさり断られてしまい、自作ぬり絵も描きました(夫が)。

こちらNY植物園のと〜っても素敵なぬり絵。

ミュシャとか。

ファッションブランドからもぬり絵はいろいろ登場していて、こちらはステラ・マッカートニーのもの。

アニエスベーはタラ号のぬり絵でポスターコンクールを実施中。

グッチディオールのサイトには、ぬり絵以外にも迷路や間違い探しなど、プリントして遊ぶコンテンツが充実しています。

ぬり絵は自律神経を整えるのによいとされていたりもしますが、たしかに私はリラックス効果を感じているかも。ブーム再燃(?)なアート“ぬり絵”、おすすめです。

Profile

井上千穂Chiho Inoue ウェブ・コンテンツ・ディレクター。『Numero TOKYO』創刊に参加し、エディターとして主に特集を担当。2011年に卒業後、ウェブマガジン「honeyee.com」「.fatale」の副編集長をつとめ、19年よりNumero TOKYOへ出戻り。外出自粛生活を機に念願のクラシックギターを購入。映画『ビフォア』シリーズのセリーヌ(ジュリー・デルピー)と『はじまりのうた』のグレタ(キーラ・ナイトレイ)のような弾き語りを理想に掲げ、イメトレには余念がない、二児の母。

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する