Food / Restaurant

海外のシェフが必ず立ち寄る、旬の和食と自然派ワインの店「葡呑」

東京のワインシーンが熱い。なぜなら、自然派ワインを長くサポートしてきたこの街に、貴重なワインが集まっているから。自然派ワインを愛する鈴木純子さんが、注目のお店をナビゲート!(「ヌメロ・トウキョウ」2019年5月号掲載)

そら豆と海老のかき揚げ(¥700)には、クリスチャン・デュクリュー「プロローグ」の赤を合わせて。若竹煮(¥1,000)には、塩味のようなミネラルとフレッシュさを感じるシャスラ100%の白ワイン、スイス・ヴァレー地方のシェルッシュ「アインヤント2017」を。
そら豆と海老のかき揚げ(¥700)には、クリスチャン・デュクリュー「プロローグ」の赤を合わせて。若竹煮(¥1,000)には、塩味のようなミネラルとフレッシュさを感じるシャスラ100%の白ワイン、スイス・ヴァレー地方のシェルッシュ「アインヤント2017」を。

古民家を改築した一軒家の暖簾をくぐると、着物姿の女将がいる。鮮魚店を営む大将・中湊茂さんの料理は、旬の食材を使った和食だ。

でも合わせるのは自然派ワイン。「自然派ワインは和食との相性がいい。食材の繊細な味を邪魔せず寄り添ってくれます」と女将の熊坂さん。

中湊さんは海外から招待されることも多く、そこで知り合った海外の有名シェフがこの店を訪れる。「世界のガストロノミーの重鎮がさりげなく食事をしていることも。今の東京を象徴するようなお店です」(鈴木さん)。

店内には、先日逝去された「祥瑞」の勝山晋作さんの写真が。日本の自然派ワインを牽引した勝山さんは、大将と女将とも深い親交があった。
店内には、先日逝去された「祥瑞」の勝山晋作さんの写真が。日本の自然派ワインを牽引した勝山さんは、大将と女将とも深い親交があった。

ワインのほか、焼酎や日本酒の品揃えも。大将が海外に招待されると臨時休業になるため、スケジュールはHPでチェックを。

住所/東京都港区西麻布4-2-14
TEL/03-3406-2207
営業時間/月~水・土18:00~24:00(L.O)木金18:00 ~ 26:00(L.O)
定休日/日・祝 不定休
URL/www.bunon.jp/

(※注)ナチュラルワインは生産に限りがあるため、売り切れの場合があります。また、ワイン、料理の内容、価格などは取材時のものです。販売終了、価格変更などが行われる場合があります。

進化し続ける今どき東京ワイン

Photos:Yuji Namba, Aya Kawachi, Kouki Hayashi Direction:Junko Suzuki Text:Miho Matsuda Edit:Etsuko Soeda

Profile

鈴木純子Junko Suzuki フリーランスのアタッシェ・ドゥ・プレス。ライフスタイルブランド、レストランなどのPRを手がける。自然派ワインにも精通し講座も開催。

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する