Trip / Feature

開発進むシアヌークビル沖の穴場アイランド、ロン島・カンボジア

世界に星の数ほどビーチはあれど、今行くならいったいどこへ? 屈指のビーチライター、古関千恵子が選りすぐりのビーチをご案内。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年6月号掲載)

島の東沖に浮かぶラグジュアリーなソンサープライベートアイランド。全ヴィラがプライベートプール付き。
島の東沖に浮かぶラグジュアリーなソンサープライベートアイランド。全ヴィラがプライベートプール付き。

世界遺産のアンコールワットも合わせて回るルートが人気上昇中のカンボジアのビーチ、シアヌークビル。目下、カジノリゾートなどが続々と誕生し、開発ラッシュの真っただ中だ。そこで目をつけたいのが、シアヌークビルの沖約25kmに浮かぶロン島。

島の北部のロンリービーチチャレンジ。ヤシの木立ちの合間に見え隠れするバンガロー以外、何も人工物が見えないビーチ。
島の北部のロンリービーチチャレンジ。ヤシの木立ちの合間に見え隠れするバンガロー以外、何も人工物が見えないビーチ。

カンボジアで2番目の大きさながら、開発はまだ小波程度ゆえ、あるがままの自然が残っている。ロン島が注目を集めたきっかけは、海外のテレビ番組『サバイバー』。画面に映し出される島の自然美が話題となり、きれいなビーチが大好物なバックパッカーから人気に火が付いた。

北東部の河口に築かれた水上ビレッジ、プレック・サバイ村。網の手入れをする漁師や、料理をする女性、店先で遊ぶ子どもなど、素朴な島の暮らしが垣間見られる
北東部の河口に築かれた水上ビレッジ、プレック・サバイ村。網の手入れをする漁師や、料理をする女性、店先で遊ぶ子どもなど、素朴な島の暮らしが垣間見られる

島を船で一周してみれば、水上ビレッジやジャングルに囲まれたビーチなど、のどかな風景が残る一方、ラグジュアリーな水上コテージもある。ロン島と並んで浮かぶロンサレム島も無垢な自然がたっぷりだ。ツーリズムが花開いてまだ7年ほどだが、一気に開発が進む恐れも!? 野趣あふれる自然とレイドバックできる島時間を味わうなら、お早めに。

今すぐ行くべき世界のビーチ

Illustration: Yuko Saeki Photos & Text: Chieko Koseki Edit:Sayaka Ito, Saki Shibata

Profile

古関千恵子Chieko Koseki ビーチライター。ダイビング雑誌の編集を経てフリーのライターに。リゾートホテルやダイビング、エコ活動など海にまつわる取材を重ねるうちに、いつしか「ビーチライター」が定着。取材でビーチ、締め切りが明けたらビーチを繰り返すライフスタイル。ウェブなどで連載中。

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する