Trip / Feature

絶景ビーチとB級グルメ、アジアの楽しさ満開! 墾丁・台湾

世界に星の数ほどビーチはあれど、今行くならいったいどこへ? 屈指のビーチライター、古関千恵子が選りすぐりのビーチをご案内。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年6月号掲載)

南彎、墾丁、小彎などのエリアからなる墾丁。こちらはリゾートホテルの前に広がる小彎。植生が<br />
沖縄と似ている
南彎、墾丁、小彎などのエリアからなる墾丁。こちらはリゾートホテルの前に広がる小彎。植生が
沖縄と似ている

レトロかわいいストリートやB級グルメで人気が高まる台南にも、おすすめビーチがある。玄関口である高雄から南下した最南端にある国家公園の墾丁(ケンティン)。沖縄の八重山諸島とほぼ同じ緯度と聞けば、その美しさは予想がつくはず。

白沙のビーチを見下ろす高台には、おしゃれな海の家が。バーやかき氷スタンド、<br />
浜焼きの屋台などが集まっている。
白沙のビーチを見下ろす高台には、おしゃれな海の家が。バーやかき氷スタンド、
浜焼きの屋台などが集まっている。

なかでも白沙(ばいしゃ)は、石灰岩の岩礁、アダンやクサトベラなどの木々が縁取る白砂ビーチ、そして青のグラデーションが美しい遠浅が広がり、沖縄と同じDNAを感じさせる絶景。ちなみに映画『ライフ・オブ・パイ』のロケ地だ。フルーツ天国でもあり、浜に出没するスタンドではマンゴーやパイナップルをその場でカットしてくれる。濃厚で甘く、そして安い!

賑やかな墾丁の夜市。日没を合図に屋台が出始め、人も集まってくる。スイーツや肉類・魚類のメイン料理、おつまみ系など、屋台の種類が豊富。しかもお手頃!
賑やかな墾丁の夜市。日没を合図に屋台が出始め、人も集まってくる。スイーツや肉類・魚類のメイン料理、おつまみ系など、屋台の種類が豊富。しかもお手頃!

日没後は縁日気分の夜市へ。屋台のバリエーションが素晴らしく、羊肉の串焼きや焼きハマグリ、味付け手羽先、さいころステーキ、臭豆腐に枝豆など、どれもおいしそうで胃袋の限界に挑戦したくなる。アジアの喧騒に浸りながら、絶品ビーチとB級グルメ、本能のまま遊び尽くそう。

今すぐ行くべき世界のビーチ

Illustration: Yuko Saeki Photos & Text: Chieko Koseki Edit:Sayaka Ito, Saki Shibata

Profile

古関千恵子Chieko Koseki ビーチライター。ダイビング雑誌の編集を経てフリーのライターに。リゾートホテルやダイビング、エコ活動など海にまつわる取材を重ねるうちに、いつしか「ビーチライター」が定着。取材でビーチ、締め切りが明けたらビーチを繰り返すライフスタイル。ウェブなどで連載中。

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する