931
Fashion Editor's Post

レジェンド級のモデルが集結!「Dries Van Noten」

編集長・田中杏子 2017-18秋冬パリコレ日記。

「ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)」は、記念すべき100回目ショーでした。見どころは、過去を振り返る「柄」のオンパレード!!

自身の過去のコレクションで発表したアーカイブの素材をふんだんに用い、往年のモデルをたくさん起用して、圧巻のコレクションを披露。記憶に残っている数々の柄は、スパンコールなどでジオメトリックな模様を加えられ進化を遂げていました。

モデルもとにかく豪華。アンバー・ヴァレッタ、ナジャ・アウアマン、キャロリン・マーフィー、トリッシュ・ゴフなど、レジェンド級のモデルたちがランウェイを闊歩!

サーシャやカーステンも!

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post