Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「エレガントなスタイルをひとひねり」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。 (『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年5月号掲載)

春はレディなエレガンススタイルにも一癖あるアイテムを投入したい気分。新時代になってからは、カジュアルなコラボアイテムなど、ゆるくてほっこりさせてくれるファッションも取り入れるようになりました。

ビッグなパフ袖がポイントのニットとプラットフォームは、フィービー時代のセリーヌ(Celine)から。合わせたのは、エディ・スリマンによる今のセリーヌのバッグに、バレンシアガ(Balenciaga)のプリーツスカート、ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)のサングラス。新旧セリーヌをダークカラーのコーディネートで楽しみました。

ジミー チュウ(Jimmy Choo)とマリーン セル(Marine Serre)によるコラボレーション。レースアップブーツはフラットで、ヒールから遠ざかっているここ最近にもってこい。主張ある三日月パターンは、フューチャーリスティックなインパクトがあって春のファッションに取り入れたいな。

フルラ(Furla)のがま口ノットが付いたクロスボディバッグ。エナメルの艶と、本当のお財布のようにカードが収納できるスペースがあしらわれているのがお気に入り。長さを変えてショルダーにもできるので、使い勝手の面でも重宝しています。

おしゃれなフレームアイウェアは、ジンズ(Jins)でゲット。とっても軽量で、目の疲れを軽減してくれそう! 校了時のお供にしたいです。

サカイ(Sacai)のシースルードレス。絶妙なレッドカラーとオーガンジーのプリーツ、そしてベルベットの襟に一目惚れ♡ 胸部分にレースがあしらわれているだけであとは透け透けという大胆ぶりですが、春にどうやって着ようか考え中です。

スタイリスト 亘つぐみさんが手掛けるボディウェアブランド、トゥ(Tw)。ブラックとベージュピンクのセットアップは、リラックス感を満喫できます。実はベージュピンクのタンクトップは、ファルコネーリ(Falconeri)のセーターの中にインして、肩からチラ見せしています。

ヴァレクストラ(Valextra)のバッグは、ちょっと綺麗めな空気感で、カチッとしているからフォーマルにもカジュアルなスタイルに投入しても◎ ショルダーを取ってハンディとしても使いやすく、表情豊かなアイテム。

前号でもご紹介したファルコネーリ(Falconeri)のニットに、昔買ったセンタークリースが気に入っているバーガンディのグッチ(Gucci)のパンツを合わせました。耳元にはヴィンテージピアス、そしてのヴァレクストラバッグ、パンツと同色のカサデイ(Casadei)のプラットフォームサンダルをコーディネート。

フィラ(Fila) × アトモス(Atmos) × バッドムード(Badmood)のスニーカー。バッドムードはSEKAI NO OWARIのFukaseさんが手掛けているブランドで、この可愛いスニーカーはメンバーのRabbitさんのピンクヘアなどからイメージしたのだとか。うさぎのマスコットチャーム付きで、スニーカーに取り付け可能。前号のスナップで紹介したシルバーパンツに合わせて履いてみたら、褒められたので気に入っています。

『となりのトトロ』とコラボレーションしたロエベ(Loewe)。あまりにも可愛くてパーカーを即決しました! トトロをこんなにスタイリッシュなデザインに落とし込んでくれるのはさすがです!

田中杏子のプライベートスナップ

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する