田中杏子のプライベートスナップ「モードだけでは収まらないブラックに夢中!」 | Numero TOKYO
Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「モードだけでは収まらないブラックに夢中!」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。 (『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2022年11月号掲載)

11月号のテーマ「ブラック」に私もすっかり夢中。モードだけでは収まらない、黒の選択肢がどんどんと増えてきていてワクワクします。黒って面白い!!

タエ アシダ(TAE ASHIDA)のトップスはポケットのフラップや袖口、肩にあしらわれたボタニカルプリントが、カモフラージュ柄のようで新鮮! ミリタリースタイルもタエ アシダの手にかかればエレガントに決まります。

 

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の展示会場で。この日は保護者会があり、コンサバなブラックドレスだったのですが、メンズの耳付きキャップを被ったらアバンギャルドなスタイルに早変わり。

 

サンローラン(Saint Laurent)のキャスケットは、表参道店で一目惚れしたもの。フェルト生地なので、プラスワンアイテムでグッと秋らしいスタイルに仕上げてくれます。
 
 

バーバリー(Burberry)の「ローラバッグ」。パフィーなボディに黒とゴールドの定番コンビが好き♡ シックなスタイルはもちろん、カジュアルな時にクロスボディしても◎

 

プラダ(Prada)のアイコニックなトライアングルで覆われた「プラダ シンボル」。縦長のフォルムでコンパクトながらも、長財布も入っちゃう万能バッグです。
 
 

アーティストの空山基さんとミズノ(MIZUNO)のコラボレーションスニーカー。空山さんの作品を彷彿とさせるフューチャリスティックなデザインとミズノの構造的テクノロジーがシンクロして、足元を軽快に仕上げてくれます。
 
 

会食だったので、マイヴィンテージのバレンシアガ(Balenciaga)のタキシード風シャツにプラダとタエ アシダを合わせて。スリーブレスのシャツで晩夏のモノトーンスタイリングを楽しみました。
 
 

タエ アシダのカーゴスカートは、ボックスシルエットにフラップポケットのデザインがカジュアルに決めてくれます。ストレッチ性があるのも嬉しい!

 

田中杏子のプライベートスナップ

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。
Twitter: @akotanaka Instagram: @akoakotanaka

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する