「Chanel」が描くモダンで軽やかな23年春夏 プレタポルテ コレクション | Numero TOKYO
Fashion / Post

「Chanel」が描くモダンで軽やかな23年春夏 プレタポルテ コレクション

シャネル(Chanel)が2023年春夏 プレタポルテ コレクションのショーを開催。2022年10月4日(火)、会場となったパリのグランパレ エフェメールには、シャネルのアンバサダーである小松菜奈、クリステン・スチュワート、BLACKPINKのジェニーをはじめ、世界中から多くのセレブが出席した。

01 | 40



ヴィルジニー・ヴィアールが今回インスピレーションを受けたのは、シャネルが衣装提供をしたことで知られるアラン・レネ監督の映画「去年マリエンバートで」(1961)。ランウェイにセットされたスクリーンには、劇中のシーンが映し出された。

「私たちが観てきた映画は、私たちを捕らえ、私たちを創造する、マリエンバード、ヌーヴェルヴァーグ、ガブリエル シャネルが考える魅力、カール、夜、フェザー、スパンコール、ヒール。私は物事が混ざり合っているのが好きなのです」と語る通り、ルックにはさまざまな要素が“コラージュ”されている。

象徴的なモチーフやアイテム、素材には、リボン、ボア、ラインストーンのブーツ、鱗のように加工されたジャージー、スパンコールがあしらわれた白のジャケット、解体されたプリント、パステルカラーのツイード、パンベルベットのゴールドのドレス、サイドにスリットの入った黒のドレス、ボディの上を流れる花のようなレースに、軽やかなシフォンなどが挙げられる。これらはすべてヴィルジニー・ヴィアールが断片を自由に散策するようにイメージして生み出された。

また、イネス&ヴィノードが監督したショートフィルムにも登場しているクリステン・スチュワートが、今回のコレクションのミューズ的存在であることを明かしている。

「それが彼女であろうと、他の女性であろうとも、とにかく着る人自身がその服が好きだということを感じたいのです。しかし、私の周りにいる人の中で、彼女こそが最もガブリエル シャネルに、少なくとも私のイメージに近い存在です。彼女はシャネルを、そしてシャネルの服を理解しています。その存在によって、シャネルはよりモダンになるのです。今回のコレクションは、彼女そのものでもあります」

Chanel
シャネル カスタマーケア
TEL/0120-525-519
URL/www.chanel.com

Photos: Courtesy of Chanel Text: Yukiko Shinto

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する