偏愛スカーフ物語 vol.7 「TARP」オーナー 田渕千里 | Numero TOKYO
Fashion / Feature

偏愛スカーフ物語 vol.7 「TARP」オーナー 田渕千里

たった一枚の布。その図柄や色、素材によって表現できる世界観の奥深さと、多様性、そして機能性。シンプルでありながら、一言では語りつくせない魅力で愛されているスカーフ。十人十色の物語を探るべく、愛用品を見せてもらった。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年9月号掲載)

田渕千里|「TARP」オーナー

ジュエリー代わりにシルクの自然な輝きを

「グッチは蝶々(写真左)、エルメスはリーフ(写真右)を、各々のメゾンらしい描写と色使いで表現していて、一枚の布にここまで表現の幅があるのかと見入ってしまいます。買い付け時も、デザイナーズヴィンテージはやはり目を引きます。

ヘアの印象を変えたいとき髪に巻くのですが、ベースが黒やネイビーだと髪や目の色と調和が取りやすい。年齢を重ねたドライな肌や髪にも、シルクの自然由来の艶は似合う。ジュエリーの輝きとは異なる魅力があります」

特集「偏愛スカーフ物語」をもっと読む

Photos:Kouki Hayashi Edit & Text : Aika Kawada

Profile

たぶち・ちさと田渕千里 ヴィンテージを扱うディーラー・ショップを経て、2021年に東京・三宿にヴィンテージストア「TARP」をオープンした。Instagram:@tarp_objects

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する