田中杏子の私的ビューティ考 Vol.23 リップケア | Numero TOKYO
Beauty / Feature

田中杏子の私的ビューティ考 Vol.23 リップケア

小誌編集長・田中杏子のプライベートな視点からコスメを紹介。今号は好みと効果実感がわかりやすいリップケアをお試し!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年12月号掲載)

 

 

Flaruné|フラルネ

口紅の下地としても優秀な使い心地

「唇にすっと溶け込んで、唇の縦ジワを消し去りながら、薄いヴェールで包み込んでくれる感じ。しっとりと密着するので、口紅を塗る前の下地としてもお気に入りです」。保湿だけでなく、くすみの改善、血行促進などマルチに働くスティック状リップ。柔らかすぎず固すぎず、TPOを問わず使える万能な1本。

リップバー ¥2,750/Flaruné(アルビオン 0120-114-225)
リップバー ¥2,750/Flaruné(アルビオン 0120-114-225)

 

 

Laneige|ラネージュ

朝起きるとしっとり柔らかい唇に!

「韓国で人気というナイト用リップマスクです。ベタつくことなく長時間唇を保護してくれる感じ。夜に塗ってそのまま寝ると、朝の唇がしっとり柔らかくなります」。オイルとバターの絶妙な配合バランスで、保湿と塗り心地のよさを追求。グレープフルーツやベリーなどフレーバー展開も豊富。

リップスリーピングマスク 左から、バニラ、グミベア 各¥2,365/Laneige(ラネージュ 0120-239-857)
リップスリーピングマスク 左から、バニラ、グミベア 各¥2,365/Laneige(ラネージュ 0120-239-857)

 

Athletia|アスレティア

保湿力も素晴らしく使いやすい1本

「植物の恵みがたっぷりで保湿力も文句なし。とろりと濃密なオイルグロスの感触もいいですね」。ベルガモットやマジョラムなどの天然精油が香るから、マスクをつけている唇も心地よく。ふっくらぷるんと潤った質感に。

リップオイルエッセンス 10g ¥3,300/Athletia(アスレティア  0120-220-415)
リップオイルエッセンス 10g ¥3,300/Athletia(アスレティア 0120-220-415)

 
 

Sisley|シスレー

リッチな成分で唇にもアンチエイジングを

「栄養と潤いたっぷりのバームで、使うたび唇がふっくら」。発売から20年以上のベストセラー品が進化。水分を一滴も加えない贅沢な処方で、植物エキスやオイルがシワやくすみをケアしながら、唇の保水力をプロテクト。

バーム コンフォール N 9g ¥9,020/Sisley(シスレージャパン 03-5771-6217)
バーム コンフォール N 9g ¥9,020/Sisley(シスレージャパン 03-5771-6217)

 

John Masters Organics|ジョンマスターオーガニック

メープルシロップの甘くて美味しい香り!

「唇の体温でとろける心地いいバーム。ひび割れそうな超乾燥時にもよさそう」。朝のパンケーキを想起させるメープルの甘い香り。ミツロウや亜麻仁油など植物の恵みを凝縮。

リップカーム メープル¥1,760(限定発売)/John Masters Organics(ジョンマスターオーガニック  0120-207-217)
リップカーム メープル¥1,760(限定発売)/John Masters Organics(ジョンマスターオーガニック 0120-207-217)

 
 

I’m from|‎アイムフロム

頼れる保湿力のはちみつバーム

「塗った時のはちみつの香りもよく、唇を柔らかく保護してくれます。唇パックにも◎」。美容効果に優れた韓国・智異山の天然はちみつを10%という高濃度で配合し、特殊製法によりなめらかにゲル化して使いやすく。

リップバーム(H)10g ¥2,200/I’m from(アリエルトレーディング  0120-201-790)
リップバーム(H)10g ¥2,200/I’m from(アリエルトレーディング 0120-201-790)

「田中杏子の私的ビューティ考」をもっと読む



Photos : John Chan Edit : Naho Sasaki

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。
Twitter: @akotanaka Instagram: @akoakotanaka

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する