穏やかな湖畔で出会う、世界的に珍しい温泉とアイヌ文化 「界 ポロト」 | Numero TOKYO
Trip / Feature

穏やかな湖畔で出会う、世界的に珍しい温泉とアイヌ文化 「界 ポロト」

星野リゾートが日本各地で手掛ける、温泉旅館ブランド「界 ポロト」。温泉の泉質にあわせた入浴法と、その土地の文化に触れる体験を通して、今のライフスタイルにあった1泊2日で心とカラダをととのえる“うるはし現代湯治”を提案しています。

北海道初の「界」では、深遠なるアイヌ文化の叡智に触れ、太古の植物由来のモール温泉を体験。天然林に囲まれたポロトの湖畔で、時をさかのぼるような感覚の、もうひとつの旅が待っています。

△湯と〇湯、お肌が喜ぶモール温泉を2つの演出で

アイヌの言葉で“大きな湖”を意味する“ポロト湖”に、2022年1月14日開業した「界 ポロト」。星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」が、北海道に初めて誕生しました!

界 ポロトのコンセプトは、「ポロト湖の懐にひたる、とんがり湯小屋の宿」。白樺やカエデの天然林に囲まれた湖畔にたたずみ、三角錐のような湯小屋が印象的なリゾート感たっぷりの温泉旅館です。

宿の象徴である湯小屋は、“ケトゥンニ”という三本の丸太を組んだ三脚構造のアイヌ伝統の建築様式。この建物をはじめ、館内のそこここにアイヌ文化の叡智と伝統がちりばめられています。

また、大きな特徴であるのが、北海道遺産でもある“モール温泉”!

これは太古の植物由来の有機物を含有した温泉で、茶褐色のお湯が特徴。皮膚の再生を促進させる働きがある“フミン酸”や、皮膚コンディショニング作用のある“フルポ酸”といった、化粧品にも配合される成分が含まれています。まるで美容液に浸かっているようなもの!? おまけに界 ポロトの泉質はアルカリ性であるため、古い角質を落とし、肌の新陳代謝のアップも期待できるとか。お肌にとって、うれしいこと尽くめ!

効用もさることながら、ドラマティックな演出にワクワクするのが、雰囲気の異なる2つの温泉施設、「△湯(さんかくのゆ)」と「〇湯(まるのゆ)」。

△湯は、とんがり屋根の湯小屋内。直線を活かしたシャープなデザインの内風呂と、湖に面して開放的な露天風呂があります。内風呂には源泉かけ流しの“あつ湯”と、リラックスできる“ぬる湯”があり、あっちの湯船、こっちの湯船、たまに露天で外気に触れてと、気分を変えながらお湯を楽しめます。

一方の〇湯は、地中から湧き出るモール温泉をイメージしたという、洞窟のようなドー型。天井に外界とつながる丸い穴が開いていて、光が差し込む神秘的な雰囲気です。

モール温泉の恩恵を余すことなく受けるには、「温泉いろは」に参加を。“界の湯守”を担うスタッフが、界 ポロトのある白老温泉の歴史と共に泉質や効果的な入浴方法を伝えてくれます。

そして翌朝は「丹頂鶴の羽ばたき体操」にぜひ参加。丹頂鶴の動きから生み出された、舞のようなストレッチ体操で、カラダのこわばりをすっきりと解消。さぁ、もうひとっ風呂!

アイヌ文化とポロト湖の自然に囲まれたステイ

4タイプ、42の客室はすべてポロト湖に面した造りです。しかも、部屋と眺望がシームレスにつながるよう、ポロト湖を大胆にも敷地に引き込んだランドスケープデザインになっています。窓からは穏やかな湖面と季節ごとに表情を変える天然林の小高い丘、そして遠くにそびえるプリンのような形の樽前山を望みます。

窓辺に座って湖を眺めていると、湖に遊びにやってきた野鳥が横切り、聞いたことのないさえずりが静けさを破ります。どこかから、ビヨーンビヨーンとアイヌの楽器、“ムックリ”の音が聞こえてきそう。

界ブランドでは、それぞれの施設で“ご当地部屋”と呼ばれるシグネチャールームがあります。ここ界 ポロトでは、なんと全室がその“ご当地部屋”の仕様。アイヌ民族の暮らすチセ(家)から着想を得た造りです。4タイプあるうち、3室のみの「□の間(しかくのま)」特別室では、テラスから客室にかけて、白樺並木のように丸太が並び、周囲の風景とつながりを見せます。

アイヌのチセは中心に四角い炉を置くように、各客室の中心には四角いローテーブルを配置。テーブルの内側にライトが点灯でき、炉に見立てた仕掛けも。精緻な木彫りを施したオールの壁飾りや、アイヌ紋様の壁紙やクッションなど、アイヌ文化を取り入れたアートワークが目を楽しませてくれます。

そして全室に、日本ベッドと開発した“ふわくもスリープ”というオリジナルのベッドを完備。これが、翌朝の目覚めの気持ちいいこと!

ちなみに、エントランスからロビーへは川が流れる中庭を望む回廊が続いています。これは樽前山の伏流が、ポロト湖に流れ込むウツナイ川の起点となっている、この地域の自然の縮図。訪れた瞬間からストーリーは始まっています。

ご当地の歴史と文化を目と舌で味わう、会席料理

界ブランドの大きな楽しみのひとつが、食。ご当地の食材を使い、歴史的背景や文化を、コースに仕立てた、目にも楽しい会席料理です。

同じものは2つとない輪果窯のクマの陶器が添えられた、じゃがいものすり流しにいくらと雲丹をのせ、わさびがアクセントになった先付から始まります。

続いて、アイヌの人々が交易に使っていた丸木舟をモチーフにした器に盛った、酢の物・八寸・5種のお造りが華やかに登場。

メインは、毛ガニとホタテ貝が豪快に入った、出汁が効いた濃厚なブイヤベース! なんて贅沢! 北海道の美食を存分に楽しめるコース内容になっています。

プライベート感のある半個室、おまけに館内着でもOKなので、リラックスして食に専念できるのもポイントです。

自家製の豆腐など、丁寧につくられた朝食。朝から食欲、絶好調です!

ご当地楽ではアイヌの魔除けのお守り作り

各地の界ブランドが趣向を凝らすおもてなしのひとつ、ご当地の文化を体験する「ご当地楽」。界 ポロトではアイヌ民族の魔除けのお守りを作ります。

ここ白老町は植物の種類が数百種類をも数えるのだとか。その中で独特な香りを放つ“イケマ”という植物は、魔除けとしてアイヌ民族がいつも身に着けていたもの。そのイケマと数種のハーブをアイヌ紋様が描かれた用紙に包み、モール温泉といたどり茶で染めた結び糸で留めます。

アイヌの人々の魔除けと聞くと、パワーもありそう。思い出とともに、大切な自分みやげになりました。

また、隣接するウポポイ(民族共生象徴空間)とは、専用のゲートで行き来もできます。アイヌ文化に興味をもったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

自然と共生するアイヌの人々の暮らしや考え方は、学ぶべきことがたくさん。美しい手仕事に見入り、楽器の鳴らし方を教えてもらい、レストランでは伝統的な食べ物もいただけます。アニメ『ゴールデンカムイ』ファンとしては、感激しっぱなしの施設です。

界 ポロト

住所/北海道白老郡白老町若草町1-1018-94
TEL/0570-073-011(予約センター9:30〜18:00)
URL/hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiporoto/

 


 

Profile

古関千恵子Chieko Koseki 旅行ライター。リゾートやエコ、ダイビングなど、国内外のビーチにフォーカスして寄稿。ここ最近は国内のビーチの美しさを再発見し、全国津々浦々を探訪中。目指すは伊能忠敬!? Instagram:@chieko_koseki

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する