ブレイク間違いなしのいち押しアーティストたち【4】Eri Wakiyama | Numero TOKYO
Culture / Feature

ブレイク間違いなしのいち押しアーティストたち【4】Eri Wakiyama

米原康正が太鼓判を押す7人のアーティストにインタビュー。 いま最も勢いのある彼女たちの作品とともにそこに込めた想いや、これからの展望について聞いた。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』3月号掲載)

「コンピレーションEP『DEATHTOPIA』を作っているときに、たまたまeriさんから連絡が来て。テーマに合うなと思ってジャケットのアートワークを頼んだら、本当にぴったしで。導かれたというか、何かあったんでしょうね(笑)。すごい奇跡だった」by 米原康正

天国も地獄も、その女の子はすべてを見ている

「Too noisy to fall asleep」2021
「Too noisy to fall asleep」2021

ゴッサムシティからの希望

──描いている女の子はどんなキャラクター設定ですか。

「女の子の姿や顔つきで、彼女自身を目いっぱい表現してます。私が描く女の子たちはそれぞれが異なるライフを送っていて、パンクライフ、ホームレスライフとかね。暗い感じだけど、みな同じテーマ。貧乏でもリッチでも、すべて人間であること。キャラは一つでも性格は百通りあって、人生頑張れ!って感じの希望。だって人生は常にハッピーとは限らないし、誰にでも問題はあるから。誰しもが完璧な人生ではないから、バランスが必要だしね」

──『DEATHTOPIA』のアートワークはどのように描かれましたか。

「米原さんが日本のインディーズアーティストの作品のリンクを見せてくれたんだけど、『すごく東京っぽい!』と思った。私は考えすぎると描けなくなるから、あまり他をリサーチしないで、頭の中にあるイメージで描いたの。自然に頭の中にアイデアが出てくるんだけど、私の脳みそは変なのよ(笑)」

──昨年もですが、今年はアメリカ各地で個展を開催されますね。

「絵を描いているときは誰にも頼れないし、人に見せることはとても勇気がいる。はじめはシャイになりすぎてやめたくなっちゃうこともあって。でも最終的にはいつも、個展をやってよかったなって思う。外では明るくても家では違うとか、女の子は両方の側面を持っているよね」

──今後やりたいことは何ですか。

「本当に絵だけで生きていきたい。ファッションレーベルともコラボしたいし、女の子を大きくしたり、映像にして動かしたり、いろいろやってみたいですね」

特集「いち押しアーティストたち」を
もっと読む

Interview & Text:Kana Yoshioka

Profile

エリ ワキヤマEri Wakiyama 幼少の頃から米ベイエリアにて育ち、高校卒業とともに東海岸へ。パーソンズ美術大学卒業。現在はNYを拠点にイラストレーターとして活躍中。これまでにミュウミュウ、エックスガール、シュプリームなどのファッションブランドとコラボレーションを果たす。最近の個展はシカゴで開催された「if this is a dream, please let me sleep」。Photo:Julien Boudet
Instagram:@mermaidhair

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する