週末限定のファラフェルサンド「falafel & coffee stand 江島食堂」 | Numero TOKYO
Food / Post

週末限定のファラフェルサンド「falafel & coffee stand 江島食堂」

ヴィーガン料理と聞くと、どこか味気ない? 物足りない? そんなイメージを覆す、独自の進化を遂げた話題のヴィーガンレストランを紹介(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年1・2月合併号掲載)。

ファラフェルサンド¥880(取材時)
ファラフェルサンド¥880(取材時)
東京・戸越の住宅街にたたずむアートギャラリー「Hasu no hana」が週末だけ運営する、テイクアウトのファラフェルサンドの専門店「falafel & coffee stand 江島食堂」。オーガニックのひよこ豆のペーストにスパイスを混ぜて揚げたファラフェルを、たっぷりの野菜やハーブと一緒にピタパンにサンド。メリハリの効いた食感や、添えられた有機豆乳ヨーグルトのごまソースや自家製ハリッサによるアクセントもあとをひくおいしさ。自然栽培の大豆を使ったフムスや、大きめの揚げナスも入っているため、男性でも満足できるボリュームだ。
週替わりスープ¥550〜
週替わりスープ¥550〜
グリルキャベツのサンバル(南インドのスパイススープ)やダルスープ(ネパールの豆スープ)など、週替わりで提供される旬の野菜を使ったプラントベーススープや焼き菓子も人気メニュー。仕込みで出る生ゴミは堆肥化し、ファラフェルサンドに入れるハーブなどを育て、ゴミをなるべく出さない循環型店舗を目指している。

falafel & coffee stand 江島食堂
住所/東京都品川区戸越5-8-19 EJIMA-SOU 2F
TEL/050-3592-0799
※ギャラリーの展覧会によって、営業日や時間の変更あり。
詳細はInstagramをチェック。

心も身体も地球も喜ぶ
魅惑のヴィーガンフード

Photos:Kenji Mimura Text:Shiori Fuji  Edit:Shiori Kajiyama

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する