Art / Feature

おうちでなに描く? 絵でつながる未来 vol.1 のん

絵を描くことで、自分の中だけにある世界を広げることができる。希望や期待、喜び……すべてを未来へ託しながら今を大切に生きたい。「未来の〇〇」というテーマを設け、絵を描く才能を秘めた著名人たち7名に作品を描き下ろしてもらいました。彼らの考える未来の形を覗いてみよう! Vol.1は、のん(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年7・8月合併号掲載)

「未来の視覚」 のん

──描かれた絵について
「世界中の人々が、SNSやYouTubeを使って自分をアピールする時代になり、行間を読むということはなくなっていくのかな? と焦りを感じるのと同時に、個人の主体性が尊重されるようになり、今よりももっと表現する自由さが増していくのかもしれないという希望も感じています。自分の主張や伝えたいことは、すべてわかりやすく文章化し視覚化させていかないと人に伝わらない。喜びも苛立ちもすべてを身に纏って生きる、未来の表現です」

──どのくらい時間をかけましたか?
「2日間」

──好きな画家やイラストレーターはいますか?
「宇野亞喜良。奈良美智。ピエール・ボナール」

── その理由を教えてください。
「魅力的な女の子を描く、お茶目で、いたずら心がある作家が好き。女の子が画面を支配しているのが心地よいです」

──どんな時に絵を描きたいと思いますか?
「興奮してる時、負けたくない!と思った時」

──絵を描いている時はどんな気持ちですか?
「神経が研ぎ澄まされている感じです。無感情に画面と向き合えるのが心地よいです」

──描いた絵はいつもどうしていますか?
「部屋の隅に置いてます」

──絵について言われていちばん嬉しかったことは?
「この絵が好き。パンチがある。面白い」

──今後の絵について目標を教えてください。
「描くたびに新しいものを発見したいです。自分だけの表現を追い求めていきたいなと思います」

他のイラストも見る

特集「時間が教えてくれること」をもっと読む

Edit:Saki Shibata

Profile

のんNon 女優、創作あーちすと。1993年生まれ、兵庫県出身。 2016年公開の劇場アニメ『この世界の片隅に』で主人公すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞、高い評価を得る。 同映画祭で作品賞、第40回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞を受賞。2017年には自ら代表を務める新レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足。シングル『スーパーヒーローになりたい』『RUN!!!』、アルバム『スーパーヒーローズ』をリリース。その後、創作あーちすととしても活動を開始。2018年自身初の展覧会『’のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐』を開催。2019年には初めての舞台『私の恋人』に出演し、1年半の軌跡を追った映画製作ドキュメンタリーYouTube Originals『のんたれ(I AM NON)』と初監督映画『おちをつけなんせ』公開など、女優の枠を超えた多才な活動を見せている。

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する