Culture / Lifestyle

私たちのニュースタンダード file.9 「kose」デザイナー 小齊平紫穂

私たちが直面した、いまだかつてない困難。コロナ禍で見つけた新しい価値観について、ファッション業界人に聞く新連載がスタート。 STAYHOME期間を経て手に入れた、それぞれの“ニュースタンダード”とは。第9回目は、ジュエリーブランド「kose(コセ)」デザイナーの小齊平紫穂。

セルフネイルで気分転換

──STAYHOME期間中に始めた新しい趣味や習慣、活動について教えてください。

「毎月ネイルサロンに行くのを楽しみにしているのですが、自粛期間はもちろん行けず……久しぶりにセルフネイルを楽しみました!」

「koseのジュエリーに合うデザインを考えたり、服装やその時の気分でネイルをチェンジ! 数日単位でネイルを変えられるのは、セルフネイルの醍醐味だなぁと思い、良い気分転換になりました」

お気に入りの作品を再読

「昔から大好きな漫画や本を読み返して、改めて自分の“好き”を再確認。特に『ご近所物語』は何回読んだかわからないほどで、読むと気持ちがメラメラします(笑)!」

──コロナ以前と今で変化したことはありますか?

「今までのような日常は送れなくなり、生活は確かに変わりました。だけど私の中で本当に大切なものは今も変わらずにあります。自分が出来ることを考え、自分以外にベクトルを向け、相手を思いやることの大切さを強く感じました」

──その他発信したいことがあれば、ぜひお聞かせください。

「環境に優しいタイベックを使用した、koseのオリジナルエコバッグを製作中です! 詳細はインスタグラムに載せるので、ぜひ見てみてください!」

「私たちのニュースタンダード」をもっと見る

Edit: Yukiko Shinto, Nozomi Urushibara

Profile

小齊平 紫穂Shiho Kosehira ジュエリーブランドkoseのデザイナー。建築系の専門学校で空間デザインを学び、その後デザイナーとして活動し、独立。自身のジュエリーブランドkoseを立ち上げる。趣味は散歩と読書と家の間取り図面を見ること!最近はヨガや瞑想にも興味あり。Instagram: @shiho_kosehira

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する