麻布台ヒルズに「Officine Universelle Buly」の新ブティックがオープン!
Beauty / Editor's Post

麻布台ヒルズに「Officine Universelle Buly」の新ブティックがオープン!

東京の新名所、麻布台ヒルズに「Officine Universelle Buly(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)」の新旗艦店が2024年4月1日(月)にオープンしました。

©KOZO TAKAYAMA
©KOZO TAKAYAMA

桜麻通りに面したブティックは、一面ガラス張りのウィンドウにビュリーの製品が整然と並び、他のどの店舗とも違ったデザインに。建物の上部には、ブランド名がレターであしらわれており、相反する要素の融合がまたビュリーらしい!

レセプションには、創業者の一人であるヴィクトワール・ドゥ・タイヤックさんの姿も。この外観について「お店をぐるっと360度どこから見ても、私たちのプロダクトが並んでいるのが気に入っています」とのこと。

久しぶりにお会いできたヴィクトワールさん! 素肌がとてもきれいで輝いていました。襟のある服がよくお似合いで、この日もコンパクトなジャケットと膝丈の白いスカートの装いが素敵でした。

©KOZO TAKAYAMA
©KOZO TAKAYAMA

さて、内装はというと、陳列棚に製品がずらりと置かれた光景が圧巻! もちろんビュリーのすべてのプロダクトが揃っています。

木製キャビネットは、よく見るとブラウンからグリーンへのグラデーションになっている仕掛けが! 「目の錯覚かなと思いますよね」とヴィクトワールさん。ラムダンさんが、フランスの哲学者の思想からインスパイアされたものだそう。

ビュリーといえば、店頭で名入れしていただけるサービスでお馴染みですが、この日は特別にパリからカリグラフィーマスターのブルーノ・ジガレルさんが来日されていて、名前を綴っていただきました。手の運びすら美しく、見入ってしまいます。ビュリーでは、一般のお客様を招いたカリグラフィーレッスンも行っており、すぐに満席になるのだそう。機会があれば、参加してみたい……!

偶然にも、ビュリーの1号店であるパリ・ボナパルト店がオープンしてから、ちょうど10年目となる日に麻布台ヒルズ店がオープンしたのだとか。その最新の店舗は一見の価値ありです! ぜひ足を運んでみてください。

©KOZO TAKAYAMA
©KOZO TAKAYAMA

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー 麻布台店
住所/東京都港区麻布台一丁目2番4号 麻布台ヒルズ ガーデンプラザC 1階
TEL/03-5545-5512
営業時間/11:00〜20:00

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する