今アツい! 世田谷代田に薪火レストランの新店「songbook」 | Numero TOKYO
Food / Editor's Post

今アツい! 世田谷代田に薪火レストランの新店「songbook」

ドラマ「silent」のロケ地として話題の世田谷代田。ここに素敵なレストランがオープンしました。兜町「Neki」のシェフ西恭平さんが手がける新店「songbook」です。 わずか13席のこじんまりとした店内ですが、カーブを描いたカウンターが迎え、温かい空気が流れる落ち着く空間です。 ここで提供するのは薪火料理。カウンターの奥には窯があり、野菜やお肉、ピザを焼いたりとみんなで囲みたくなるようなメニューが楽しめます。薪火で仕上げることで素材そのものの旨味を引き出し、豊かな風味も味わえるのが特徴です。

ドリンクはナチュラルワインを中心に、ノンアルも豊富で自家製コンブチャもありました。この辺でナチュールが飲めるお店は貴重なのでは!?

その場でスライスしてくれるモルタデッラ。

お花畑みたいな葉野菜とサーモンの紫蘇ジェノベーゼタブレ。

馬肉のカルパッチョはビーツやケッパーと一緒に。

そして、イタリアで修行したピッツァイオーロが焼き上げるピザ!これが本当においしい。生地も耳までおいしい! 必食です。このほかに鹿肉を使ったピザもあるそうで気になります。

目の前で作るライブ感も◎。

肩肘張らないカジュアルな雰囲気と、薪火パワーで仕上げる温かみ溢れる料理が最高です。ちなみに店名の「songoook」はアレック・ソスの写真集に由来しているそう。今後はランチ営業も開始するようです。「silent」聖地巡りを兼ねて、訪れてみてはいかがでしょう!?

songbook
住所/東京都世田谷区代田5丁目10-7 1F
営業時間/ランチ11:00〜15:00 ディナー18:00〜22:00
定休日/水
オンライン予約
Instagram/@songbook_tokyo

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する