アジア初出店! NYで人気のモダンイタリアンを「スカルペッタ東京」で | Numero TOKYO
Food / Editor's Post

アジア初出店! NYで人気のモダンイタリアンを「スカルペッタ東京」で

アメリカ・ニューヨークで人気のモダンイタリアン・レストラン「Scarpetta(スカルペッタ)」が日本上陸! アジア第一号店となる「スカルペッタ東京」が2022年10月3日(月)神谷町駅直結の「東京ワールドゲート」内にオープンしました。

スカルペッタは2008年ニューヨークにオープンして以来、“a dinner party of effortless elegance”(気取らない、でもエレガントなサービス)でグルメなニューヨーカーたちを虜にしてきたレストラン。日本のお店もNYと同じデザイナーが手がけ、シックで大人な雰囲気の内装です。ちなみにスカルペッタとは、お皿に残ったソースをパンですくうという意味だそう。なんておいしそうなネーミング。

この日はスカルペッタのシグネチャーメニューを網羅した全7品のNew Yorkコース(¥11,000)をいただきました!

信州サーモンのトラパネーゼ風
信州サーモンのトラパネーゼ風

NY発で人気のメニューも提供していますが、日本食材をふんだんに使っているのも特徴です。一品目は信州サーモンを使ったメニュー。ぷりぷりと厚みで弾力ある食べ応え。トマトやバジル、アーモンドなどを使ったシチリア地方の郷土料理「トラパネーゼ」風に仕上げてあります。まさに日本とイタリアの融合!

腕を振るうのは、イタリアでの修行経験を持ち数々のラグジュアリーホテルでシェフを務めた菅野彰造さんです。

NY人気No.1 蛸のブレゼ
NY人気No.1 蛸のブレゼ

続いて、NYで人気No.1を誇るメニューという蛸のブレゼ。柔らかく煮た蛸が香ばしく焼き上げてあり、酸味のきいたソースがアクセントに。これはお酒がすすむこと確定。

スカルペッタシグネチャー トマトバジルのスパゲッティ
スカルペッタシグネチャー トマトバジルのスパゲッティ

シグネチャーのスパゲッティ。ローマトマトのソースにバジル、バター、イタリア産オリーブオイルを独自のバランスで配合しているのだそう。バターの風味がとても豊かで、手打ちの麺ももっちり。もはや飲めそう……。

ショートリブのアニョロッティ
ショートリブのアニョロッティ

牛肉のショートリブがたっぷり詰まったショートパスタ。

銀鱈のソテー フェンネルとレッドワインビネガーソース
銀鱈のソテー フェンネルとレッドワインビネガーソース

ふっくらした銀鱈。皮はパリパリと食感良く、ワインビネガーとフェンネルのソースがモダンな組み合わせ。

国産牛サーロインのグリル 季節の野菜
国産牛サーロインのグリル 季節の野菜

きれいにサシが入ったお肉は火入れ具合も絶妙です。料理に合わせてワインのペアリングも提案。

La Dolce Vita Sette Ponti TOSCANY グラス ¥1,200 ボトル ¥6,800
La Dolce Vita Sette Ponti TOSCANY グラス ¥1,200 ボトル ¥6,800

トスカーナで有名なセッテ ポンティ社が作るオリジナルボトルも用意。ここでしか味わえないワインです。フルーティだけど深みもありいろいろな料理ともバランス良し◎。

自家製パンもおいしい!
自家製パンもおいしい!

リコッタチーズケーキ 季節のソルベ
リコッタチーズケーキ 季節のソルベ

デザートはチーズケーキを。紅茶はNYらしくHARNEY & SONSでした。他にも5品(¥8,800)、7品(¥14,300)のコースもあります。

フォトジェニックなバーカウンターもあり、オリジナルカクテルなど豊富なドリンクメニューが楽しめます。そのほか、テラス席や個室もありました。

きっとこれからおしゃれな人たちで賑わうことでしょう。スタイリッシュだけれど普段使いしたくなるような居心地の良さもあり、ぜひ一度訪れてみてください。

スカルペッタ東京
住所/東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー1F
営業時間/17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日/土・日・祝
TEL/050-3091-1360(予約専用、IVR自動音声応答) URL/https://scarpettatokyo.com/
Instagram/@scarpettatokyo

価格は別途サービス料10%

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する