ザ・ペニンシュラ東京と「ANTEPRIMA」の福眼コラボアフタヌーンティー | Numero TOKYO
Food / Editor's Post

ザ・ペニンシュラ東京と「ANTEPRIMA」の福眼コラボアフタヌーンティー

ザ・ペニンシュラ東京とファッションブランド「ANTEPRIMA(アンテプリマ)」がコラボレーションしたアフタヌーンティーが登場! 2022年4月16日(土)から5月31日(火)までの期間限定で提供中です。

※写真は2名分
※写真は2名分

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティーと言えば、鳥かごのようなフォトジェニックなスタンド。小さなお皿が付いており、スイーツやセイボリーがちょこんとのせられた姿がなんとも愛らしい! 今回のコラボレーションでは、ANTEPRIMAの代表的アイテム「ワイヤーバッグ」をはじめブランドのアイコニックなデザインを各6種類のセイボリーとスイーツで表現しています。

ティーポットや茶漉しは銀食器。クラシックな雰囲気が素敵!

いちごジャムやクロテッドクリームが入った容器も銀です。このホテル特製クロテッドクリームがバターのようなコクがあって美味!

スイーツは、いちごなど旬の食材を使いながら、ザ・ペニンシュラ東京とANTEPRIMAの両ブランドを表現したとエグゼクティブ ペストリーシェフのパスカル・シャルデラさん。リボンをあしらったいちごとバニラの「バッテンバーグケーキ」やヘタまで忠実に再現したいちご型のムースなど、見た目にも愛らしいスイーツばかり。

香港でも人気というライチを使ったライチムースとパッションフルーツクリームの一品は、みずみずしいライチの果実感と酸味の効いたパッションのコンビネーションがおいしい。真っ黒なマカロンは、竹炭を使ったもの。

セイボリーはANTEPRIMAクリエイティブ・ディレクターの荻野いづみが日本人女性として初めてミラノコレクションに公式参加したことから、イタリア国旗をイメージした3色のサンドイッチや、ワイヤーバッグのラウンドハンドルを表現したシュリンプトーストなど、こだわりの品々がラインナップ。

スタンドにかけられたオリジナルのチャーム「MINI MINI WIRE」はギフトとして持ち帰ることが可能(数量限定、なくなり次第終了。色の選択不可)。なんと、このアフタヌーンティーのために特別に用意されたものだそう。

ANTEPRIMAの世界を精巧に表現したセイボリーやスイーツを味わいながら、ピアノの生演奏が響き渡る空間で優雅なひとときが過ごせるはずです。

ANTEPRIMA アフタヌーンティー
期間/2022年4月16 日(土)〜5月31日(火)
時間/11:30〜21:00
料金/1名 ¥7,337(税・サービス料15%込み)
場所/ザ・ペニンシュラ東京 1F ザ・ロビー
TEL/03-6270-2888(代表)
オンライン予約

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する