Food / Editor's Post

インパクト満点! 贅沢すぎるホテル インターコンチネンタル 東京ベイのいちごパフェ

みんな大好きいちごパフェ。これまでにもいくつか紹介してきましたが、オリジナリティあふれるパフェが毎シーズン大人気のホテル インターコンチネンタル 東京ベイも外せません。

2021年2月28日(日)まで提供中のいちごパフェは2種類。手がけるのはもちろん、エグゼクティブ シェフ パティシエの德永純司シェフです。最近はドラマ『この恋あたためますか』のスイーツ監修などメディアにも引っ張りだこで、技術とセンスだけでなく竹を割ったようなお人柄にファンが多いのも納得です(私もその一人)。

エグゼクティブ シェフ パティシエ 德永純司シェフ
エグゼクティブ シェフ パティシエ 德永純司シェフ

思わず息を呑む、本物そっくりないちごの飴細工

今回のいちごパフェはどちらもインパクト大! 運ばれてきた瞬間、思わず歓声を上げてしまうこと必至です。まずは「いちご飴のパフェ」から。花びらのようにきれいに並べられたいちごスライスの上には、ビッグサイズの飴細工が!

くるんと丸まった茎やヘタまで再現され、本物そっくりのクオリティです。このいちご飴は型を使って作られているそう。崩すのがもったいないです。

「飴を割って下に思い切り落としてください」と德永シェフ。いちご飴の中からは細かくサイコロ状に切ったいちごと、いちごのグラニテが出てきました。さっぱりと甘酸っぱいグラニテが爽やかです。

いちごのスライスの下には、バニラアイスクリームとチョコレートアイスクリーム、そして練乳のクリームが入っています。みんな大好きな王道のバニラとチョコアイス。德永シェフによると、「ベーシックなものが一番美味しいと思うんです」とのこと。練乳のクリームは、いちごといえばやっぱり練乳!ということでベストな組み合わせ。どれもいちごとの相性抜群で、すべて混ざっても美味しい。

さらに、フレッシュのいちごやチョコレートのクランブルが食感のアクセントを演出。グラスの底にはいちごのソースが入っています。要素がシンプルな分、飽きないよう食感などで変化を加えたそうです。これはみんな大好きなはず、間違いない!

ミルフィーユが丸ごと!? いちご大盛りのパフェ

もう一つのいちごパフェがこちら。一瞬自分の目を疑いましたが、なんと長さ20cmものミルフィーユがどーんとグラスに。そして、こんな面積の金箔見たことない!というほど、贅沢に金箔がトッピングされています。こちらは、2019年に初登場して大人気だったミルフィーユパフェが、満を持して復活したものです。

真上から見るとこんな景色です。ミルフィーユを境に、金箔とゴロゴロに入ったいちごが対面しているという絶景になっています。

ミルフィーユは、お皿に取り出していただきます。パイ生地は、発酵バターを使い食感を感じられるように固めに仕上げているそう。歯応え抜群のザックザク食感でした。そこに挟んだのは、カスタードクリームではなくマスカルポーネクリーム。味がぼやけないよう脂肪分のあるマスカルポーネクリームを選んだとのこと。このミルフィーユだけでも完成度高く感動です。いちごパウダーをかけたメレンゲの下にはバニラアイスが添えてあります。

グラスには、小ぶりな可愛いいちごが惜しみなく盛られています。なんと、約1パック分使っているのだとか! そしていちごには練乳をかけてあります。懐かしい味でちょっとほっこり。いちご飴のパフェと同じく、まろやかな練乳クリーム、バニラアイスクリーム、いちごのソースやいちごのコンポート、そしてチョコレートのクランブルという構成です。金箔にミルフィーユ丸ごと、そしていちごがたっぷりで見た目以上に大満足なパフェでした!

こちらのいちごパフェ2種類は、2月28日(日)までの提供と残りわずか。德永シェフの食べられるアートをぜひお楽しみください!

いちご飴のパフェ
価格/¥2,500(税・サービス料別)
提供期間/〜2021年2月28日(日)
場所/ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル 東京ベイ/ 1F
提供時間/11:30~20:00(L.O.19:30)

大人のストロベリーミルフィーユパフェ
価格/¥2,000(税・サービス料別)
提供期間/〜2021年2月28日(日)
場所/ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル 東京ベイ/ 1F、ハドソンラウンジ/ 1F
提供時間/11:30~20:00(L.O.19:30)

※当面の間、短縮営業となるため、公式HPをご確認ください。

予約/ニューヨークラウンジ 03-5404-7895(直通)
ハドソンラウンジ 03-5404-7894(直通)

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
住所/東京都港区海岸1丁目16番2号
URL/www.interconti-tokyo.com/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する