344
Fashion Editor's Post

幸せを呼ぶ「ALIITA」のネックレス

特集:「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年3月号と連動して、編集部員の「ハッピーホリック」な私生活を公開中。エディター新村有希子が幸せを感じる瞬間とは?

これさえあればハッピーになれる、そんなアクセサリーを皆さんはお持ちでしょうか? ミラノ発の「ALIITA(アリータ)」は、そのモチーフに込められたデザイナーの想いを考えるたびに、幸せな気持ちにさせてくれるジュエリーブランド。

手がけているのは、コンスエロ・カスティリオーニの義娘で、子育てをしながらデザイナーとして活躍するシンシア・ヴィルチェス・カスティリオーニ。ブランド名は、彼女が幼少期を過ごしたベネズエラの民族の言葉で「大切なもの」という意味を持っています。

上の写真は、2015年のデビューコレクション「PURE HOME」のネックレス。この「家」をモチーフにしたジュエリーはシンシアの人柄やクリエイティブを象徴していて、いまではブランドの定番です。シンプルだけど愛らしく上品。それだけではなくこのジュエリー、幸せなパワーが溢れているんです… その理由は、出産を経験した後にジュエリーデザイナーに転身した強く凛々しい女性の感性で作られたデザインだからなのかもしれません。

「最初に作ったのが家をモチーフにしたジュエリー。私にとって、家とは最も自分らしくいられる大切な場所であり、私の人生の基本であり、家族そのもの。特に子どもを産み、母になったことで、その気持ちがさらに強くなったわ。すべてがここから始まると思うから、ファーストコレクションは、家(=HOME)からスタートしたかったんです」

シンシア・ヴィルチェス・カスティリオーニ来日インタビューより。

現在は「PURE HOME」に続いて、グアヒロ族や建築家ジオ・ポンティをテーマにした「CHROMATIC INDICATOR」、ベネズエラのロマイマ山、カタトゥンボの雷をモチーフにした「ARORAIMA COLLECTION」などのシリーズも展開しています。

そんな「ALIITA」初の全ラインナップ商品が揃うショップが大阪にオープンするそうです。場所はうめだ阪急 D.エディット内。2月15日からスタートとのことなので、ぜひチェックを。

ALIITA
オープン/2017年2月15日(水)
ショップ/うめだ阪急3階 D.エディット内
住所/大阪市北区角田町8番7号
Tel/06-6361-1381(代表)
営業時間/10:00〜20:00(日〜木)、〜21:00(金土)
Information/マーベリック 03-6313-4502

「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年3月号は「ハッピーホリック」特集。2017年型の幸せを掴む方法が満載! ぜひチェックして。

雑誌を購入する

ヌメロ・トウキョウ 2017年3月号はこちら

Profile

新村有希子(Yukiko Shinmura)ウェブ・エディター、エディター。服飾専門学校卒業後、『MilK japon』編集部でキッズファッションのスタイル提案とビジュアル製作を経験し2012年より女性誌へ。『Numero TOKYO』ウェブサイトのディレクションと本誌編集に携わる。服や人、本や映画を切り口にした東京カルチャーのトレンドを配信中。野口強の『最近どうよ?』、米原康正の『東京文化人類学』、峰なゆかの『ふんいき美人ちゃん』などの連載を担当。「mame」に恋して6年目。休日の愉しみは古着屋巡り。

Recomended Post