128
Culture Editor's Post

米原康正「エロ展 -ALL ABOUT ERO-」

Photo:Yasumasa Yonehara

「yONE(よね)」さんの愛称でお馴染みのクリエイター、米原康正さんが原宿で個展を開催します。編集者、クリエイティブディレクター、フォトグラファー、DJとして国内外で活躍するマルチプレイヤーですが、このところ作家としての活動も精力的。写真作品での表現を目にする機会が増えています。

昨年末「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」での写真展とインスタレーションに続き、2017年はメルボルン、シンガポールでの展覧会も決定していて、LA、ニューヨークでのエキシビションも進行中。そんな最中に今回東京でスタートする個展のテーマは、ずばり“エロ”。

「僕にとって女性とは自分を映し出してくれる鏡みたいなもの。女性を使って作った作品は、僕自身の姿でもあるのです。 僕という時代の記録です」(米原康正)

場所は、昨年原宿にオープンした気になるスポット「SKO GALLERY」。フォトエキシビション「エロ展 ALL ABOUT ERO-」は今月28日、日曜日からスタートです。また、この写真展を記念して、1月25日(19:00〜)には銀座「EDIT TOKYO」にてトークショーも開催されます。米原康正さんの対談相手は、マガジニストの北原徹さん。 「スタイルのある写真とは ~独学だからこそ貫き通せる、他人が撮れない写真術~」をテーマにしたトークセッション。チケット制なので、こちらからお早めに。

YASUMASA YONEHARA EXHIBITION
「エロ展 ALL ABOUT ERO-」

会期/2017年1月28日(土)〜2月10日(金)
時間/13:00〜18:00
閉館日/水曜日
会場/SKO GALLERY
住所/東京都渋谷区神宮前 3-27-14
TEL/03-6804-6915
@skoloctstore
@skogallery
@yone69harajuku

Profile

新村有希子(Yukiko Shinmura)ウェブ・エディター、エディター。服飾専門学校卒業後、『MilK japon』編集部でキッズファッションのスタイル提案とビジュアル製作を経験し2012年より女性誌へ。『Numero TOKYO』ウェブサイトのディレクションと本誌編集に携わる。服や人、本や映画を切り口にした東京カルチャーのトレンドを配信中。野口強の『最近どうよ?』、米原康正の『東京文化人類学』、峰なゆかの『ふんいき美人ちゃん』などの連載を担当。「mame」に恋して6年目。休日の愉しみは古着屋巡り。

Recomended Post