701
Culture Post

「叢 Qusamura」も出店
ART PHOTO TOKYO@茅場町

進化するフラワー&プランツショップを紹介した「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2016年12月号の企画で取材させていただいた「叢 Qusamura」が、植物ではなくて、写真のイベントに出展されるそうです。

エルメス銀座のショウウインドウを手がけたことでも有名な「叢 Qusamura」。11月18〜20日に開催されるアートフォトフェア「ART PHOTO TOKYO」参加されます。

イベントの情報はこちら

「叢 Qusamura」を手がけるのは、花屋を営む家に生まれ、海外を暮らすように旅したあと独立した小田康平さん。彼がサボテンに注力するようになったきっかけは、ある人が言った「戦う植物は美しい」という言葉なのだとか。彼のサイトやインスタグラムを開くと飛び込んでくるのは、「いい顔してる」サボテンたち。美しくて妙。きれいすぎる訳ではない。例えばその傷も、生きている証拠なのだと胸を張っているような佇まい。しびれます。

花といっても、納得できそうなサボテン。美しい桃色斑の象牙牡丹。#qusamura #cactus

A photo posted by kohei oda (@qusamura_oda) on

黄牡丹という 人が作り出した植物 しかしそこには命が棲む #koheioda #qusamura #cactus

A photo posted by kohei oda (@qusamura_oda) on

これを仕入れた時は しびれた #qusamura #koheioda

A photo posted by kohei oda (@qusamura_oda) on

油絵と言われたら信じてしまいそう #qusamura #koheioda #cacti

A photo posted by kohei oda (@qusamura_oda) on

この不思議な造形を誰が想像できただろうか。 #cacti #koheioda #qusamura

A photo posted by kohei oda (@qusamura_oda) on

彼らの拠点は広島なので、東京で出合える機会は貴重ですね(本誌では、都内で唯一取り扱いのある「ROOTS to BRANCHES」をフィーチャーしました)。アートフォトイベントは、会期が短いので要注意です。

ART PHOTO TOKYO -edition zero-
会期/2016年11月18日(金)〜11月20日(日)
時間/12:00〜20:00 (最終日は17:00まで)
会場/茅場町共同ビルディング(※中央区日本橋茅場町1-6-12 | 東京メトロ茅場町駅(日比谷線・東西線)9番出口直結)
入場料/大人 1,500円 / 学生 500円
HP/http://artphototokyo.com

Profile

新村有希子(Yukiko Shinmura)ウェブ・エディター、エディター。服飾専門学校卒業後、『MilK japon』編集部でキッズファッションのスタイル提案とビジュアル製作を経験し2012年より女性誌へ。『Numero TOKYO』ウェブサイトのディレクションと本誌編集に携わる。服や人、本や映画を切り口にした東京カルチャーのトレンドを配信中。野口強の『最近どうよ?』、米原康正の『東京文化人類学』、峰なゆかの『ふんいき美人ちゃん』などの連載を担当。「mame」に恋して6年目。休日の愉しみは古着屋巡り。

Recomended Post