Trip / Feature

エリーローズのプライベート旅行記inリスボン
part.1タイルのデザイン探訪

旅好きのエリーローズが、完全プライベートな旅を、実際に見て聞いて感じたままに綴るフォトエッセイ。今度の旅先は、ヨーロッパ最西端、ポルトガルの首都リスボン。レトロで趣のある街の雰囲気を、お気に入りの音楽に乗せて贈る。

Here’s an album for you…
Chet Baker『Chet Baker Sings』
Jazzのプリンス、チェット・ベイカーのアルバムで、このリスボンの旅は始まる。彼の歌声とピアノのハーモニーが柔らかく包んでくれる。トランペットがこれまた切ないのよねー。
>>このアルバムを聴く

街中至るところに素敵なタイルが溢れている

リスボンは歴史がそのまま生きてる、レトロで可愛い街。すぐ目に入るのが建物全体に敷き詰められてるアズレージョのタイル。ポルトガル伝統の装飾タイルだ。教会、ホテル、民家など、あちこちで多種多様なアズレージョに出会います。

タイルのカラーやナンバープレートのディテール。誰かさんの自宅のエントランスだってこんなにオシャレ。

街路から見える標識もアーティスティックでこんなに立派!

国立アズレージョ博物館 National Tile Museum

美しすぎる装飾タイルの世界を堪能できる国立アズレージョ博物館。マドレ・デ・デウス教会を改装して建てられた博物館で、15世紀から現代までの芸術的、歴史的価値の高いアズレージョの傑作が展示されています。

博物館内にある礼拝堂はダイナミックなスケールに黄金の装飾や絵画、そしてアズレージョが融合し、息をのむほどの美しさ。



アズレージョに使用される最もポピュラーな色は青! なかでも私は余白の多いシンプルな青いタイルたちや無地で艶のあるダイヤ型のタイプも好きです。自宅のバスルームに敷き詰めたらおしゃれなんだろうなぁ〜。

美術館のお土産コーナーでもタイルを販売してました。コースターにしたりしても可愛いんですよ!

伝統を守りながらモダン化されていったアズレージョの世界にどっぷりと浸れる博物館。リスボンに行ったら必ず立ち寄ってもらいたい。

Museu Nacional do Azulejo
(National Tile Museum)

住所/R.Me.Deus 4,1900-312 Lisboa,Portugal
TEL/+351-218-100-340
URL/www.museudoazulejo.gov.pt

エリーローズの旅行記をもっと読む

Photos & Text:Elli-Rose Edit:Masumi Sasaki

Profile

Elli-Rose(エリーローズ)12歳で篠山紀信氏撮影の写真集「ELLIROSE」 発売を機にモデルデビュー。 イギリス人の母(スタイリスト)と 日本人の父(フォトグラファー)の間に 生まれ、英語と日本語を話す。 ティーン誌などを経て、大人気女性誌「ViVi」 モデルを10年務めて卒業。 現在は「Gina」など様々な雑誌に出演中。 2008年から始めたDJ活動も人気を博し、「Dior」「GUCCI」「YSL」「PRADA」など 世界的ブランドのパーティーに多数出演。 クラブにおいては日本各地のみならず、 イビザや台湾、L.A.等、ワールドワイドで 年間60本以上出演。

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する