35
People Talks

柄本佑インタビュー「三半規管の弱い自分がダンスに初挑戦します」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。vol.35は俳優、柄本佑にインタビュー。

Photos:Ayako Masunaga
Interview&Text:Miho Matsuda
Edit:Masumi Sasaki

_MG_0403

確かな演技力であらゆる役柄をこなし、映画、ドラマにひっぱりだこの俳優、柄本佑。9月8日より、コンテンポラリーダンスの演出家ユニット、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックが手がける百鬼オペラ『羅生門』に挑戦する。自身初となる歌と踊りへの意気込みや俳優としての自身を語るオンの顔、ダンスにまつわる学生時代の思い出、仕事と地続きというオフの顔とは。

ダンスは高校時代に半年で挫折

──今回の『羅生門』は歌って踊る「百鬼オペラ」ですが、これまでダンスの経験は?

「昨年末からダンスの基礎レッスンは始めています。これまでダンス経験らしいものはほとんどないんですが、高校1年のときに始めたブレイクダンスは半年で挫折しました。中学の時にイマイチ冴えなかったので、高校デビューを目指して友だちと2人でチームを組んだんですけど、イベントに出ても他のチームとハイタッチしたりしたり交流したりするのが苦手で…」

──雰囲気に馴染めなかったんですね。

「同じ時期にバスケ部にも入ったんですよ。身長を生かそうと思って。でも背が高いだけに期待も高く、でも技術はヘタなので、その落差が激しくてガッカリされるので、それも半年でやめました。バスケも普通なら小学校から始めて、そこで上下関係を学んで、中学、高校も続けるというルートがあるんですけど、自分は高校からいきなりだったので『俺みたいな新参者が気軽に先輩にパスしていいのだろうか?』と迷っているうちに、ボールを取られるという」

──模索の時期だったんでしょうか。

「模索といより迷走でした。挙句、鉄道研究部にも入りましたが長続きせず。それなら1人でできるスポーツをしようと卓球部に入り直しまして、それは卒業まで2年半続きました」

──俳優になってからスポーツは?

「去年、ドラマ『スクラップ・アンド・ビルド』で、体を鍛えている無職の役柄を演じたんです。そのとき、本番で80回近く腕立て伏せするシーンがあったので、ジムでトレーニングしてたんですよ。その収録が終わっても、3日に1回のジム通いは続けています。いつ止めてもいいと思ったほうが、意外と続くものらしいです。今は、ダンスレッスンが始まるので体幹を鍛えています。最初は何もできなかったけれど、続けているうちに体重が4kg減りました。どうやら体を動かすことは好きみたいなんですよ。チームプレーが苦手なだけで」

薬師丸ひろ子になりたいのかもしれない

Profile

柄本佑(TASUKU EMOTO) 1986年生まれ、東京出身。2003年公開の映画『美しい夏 キリシマ』(黒木和雄監督)でデビュー。第77回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞などを受賞。舞台出演作に『エドワード2世』主演など。2017年秋公開FOD『ROAD TO EDEN』、2018年公開映画「Lovers on Borders(仮題)」、2018年春公開映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」、2018年秋公開映画『きみの鳥はうたえる』で主演。

Recomended Post