People / Interview

オランピア・ル・タン インタビュー
「のんびりするのがいいわね。地中海のビーチで!」

talks #09
talks #09

セレクトショップ「ファリーン トーキョー(Faline Tokyo)」のポップアップイベントのため来日したオランピア・ル・タン(Olympia Le-Tan)。刺繍で施されたハンドメイドのクラッチバッグは、今や世界中のファッショニスタがこぞって愛用。ファッション界に欠かせない存在となった。新作コレクションやインスピレーション源について迫る。<「オランピア ル タン」新作の情報はこちら

ホテルオークラは東京に来るたびに滞在するお気に入りの場所

──東京でのお気に入りの場所は?

「東京に来るたびに滞在していたホテルオークラ。残念ながら閉館しまうのよね……(※インタビューが行われたのは8月末。その翌々日にリニューアルのため閉館した)。それから、もちろんファリーン!」

──様々な国を旅するオランピアさんが今、一番行きたい場所とは?

「そして今一番行きたいのはスコットランドなの。美しい景色が見たくて」

──それは次のシーズンのためのインスピレーショントリップ?

「どうかしら。それはまだ秘密よ!(笑)」

20世紀初頭にアート界に新たな風を吹き込んだバレエ・リュスや90年代のアートロックシーンを牽引したケイト・ブッシュの魅力を織り交ぜた「オランピア ル タン」のコレクションは、時間や空間を超えた、独特の世界へと誘ってくれる。2015-16年秋冬コレクションは、現在ファリーンほかオンラインショップ(http://www.olympialetan.com/#eshop)などで展開中。
オランピア・ルタン:ワンピース(私物) ベルト¥136,000/オランピア ル タン(エドストローム オフィス 03-6427-5901) Baby Mary:ワンピース¥174,000/オランピア ル タン(エドストローム オフィス 03-6427-5901)

Olympia Le Tan(オランピア・ル・タン)

フランスの人気イラストレーター、ピエール・ル・タンを父に持ち、幼い頃からアートや文学に対する情熱を抱きながら育ったオランピア・ル・タン。独学でファッションを学び、「シャネル」のカール・ラガーフェルドのもとで研鑽を積む。「バルマン」「ジャイルズ・デュフォー」を経て、2009年自身のアクセサリーブランド「オランピア ル タン」を創立。ブランドのシグニチャーアイテム、ブッククラッチは、ティルダ・スウィントンやナタリー・ポートマンなど個性派女優が愛用していることでも知られる。現在、プレタポルテとバッグなどのアクセサリーラインを毎シーズン発表している。

Photos:Wataru Fukaya Interview & Text:Etsuko Soeda Edit:Yukiko Shinmura

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する