04
People Talks

高良健吾インタビュー
「子どもと接することで父性が芽生えた」

2005年のデビューから10年目を迎え、実力派俳優として、映画だけでなく、大河ドラマでも活躍中の高良健吾。幼児虐待や学級崩壊といった問題を通して、希望という可能性を描いた中脇初枝の小説をベースに、『そこのみにて光輝く』の呉美保監督が映画化した最新作『きみはいい子』では、まじめだけれど優柔不断でな小学校の新米教師・岡野を演じる。映画について、そして役者として今思うこととは?

kengo kora
kengo kora

希望を持って演じた教師という役

──やや頼りなく、肝心なところで一歩を踏み出せないという教師という役柄でしたが、岡野先生にはどんな印象がありました?

「全員違う人間で同じ役はないと思うので、岡野は岡野だと思ってやっていました。この映画をやっているとき、例えば彼はこれから壁にぶつかるかもしれないし、先生を辞めてしまうかもしれない…と思ってたのですが、途中で監督に『岡野先生はこれからいろんな壁にぶつかるけど、この人は大丈夫なんです』って言われたんです。そこからは変わったと思います」

──最初は岡野先生のことを心配していた?

「最初は、きれいごとだけでは駄目だよなと思っていたんです、テーマがテーマだから。でも、こういう映画だからこそ理想や希望は必要だし、悲惨なほうが現実かといえばそうでもないと思うんです。そこから変わることだってある、という希望を持って演じました。彼が何か最後に小さい一歩を踏み出すのですが、それが続いていったらいいなと思っていますね」

──岡野先生も少し未熟な部分が見えましたが、高良さんはご自身のことを子どもっぽいなとか未熟だなと思うことはありますか?

「あります。テンパるし、自分の感情をコントロールできないところとか(笑)。そうなると、次の言葉を喋らなくなります。次出る言葉は汚いだろうから、黙っちゃうというか。人の話を聞いてないときは、質問に対して全然違う答えを返したり。だから、もっとユーモアがあればよかったなって思います。ピリっとした空気で終わるのも嫌だなと。楽しかったねってみんなで帰りたいじゃないですか」

Profile

高良健吾(こうら・けんご)俳優。1987年生まれ。熊本県出身。2006年、映画『ハリヨの夏』で映画初出演後、映画、ドラマを中心に活躍。11年『軽蔑』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。12年『苦役列車』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。13年『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。15年『悼む人』で主演。現在、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演中のほか、声優に参加した映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』公開中。熊本市のわくわく親善大使。幻冬舎の文庫フェアのキャラクターを務める。

Photo:Satomi Yamauchi 
Hair & Make-up:Satoka Takakuwa 
Stylist:Kazuhiro Sawataishi 
Interview & Text:Tomoko Ogawa 
Edit:Yukiko Shinmura

Recomended Post