メルボルンがパラダイスな5つの理由 | Numero TOKYO
Trip / Feature

メルボルンがパラダイスな5つの理由

メルボルン, numerotokyo, sayumigunji
メルボルン, numerotokyo, sayumigunji

今年の1月に訪れたメルボルンがとにかくパラダイスすぎました。なぜ、パラダイスか、その理由をレポートします。

IMG_2105
IMG_2105
その1:ヴィンテージ愛に溢れている 人気エリア、フィッツィロイ通りにはヴィテージショップがたくさん! 個性的な店が多く、街全体に古きよきものを愛するリサイクル、リユースへの信仰が深いのです。街行く人のファッションも個性的で多種多様。中でもお気に入りの店はショップ丸ごと「80's」で今年まさに流行っているグラムな服たちが詰まっているのです。
IMG_2033
IMG_2033
IMG_2038
IMG_2038
また、街丸ごと入ったようなヴィンテージ街では、エリアごとに分かれて、服、バッグ、インテリア、ランプなどなどガラクタから、お宝まであふれんばかり。古いものは一期一会。決してショッピングモールやECでは出会えないものたちにショッピング魂が刺激されました。
Processed with VSCO with e8 preset
Processed with VSCO with e8 preset
その2:天国の海まで電車で20分 私が訪れた1月はまさに夏真っ盛り。メルボルンの街からちょっと車を走らせれば美しい海岸線。特にブライトンビーチにはカラフルなビーチハウスが並び、観光地化されない美しい海が広がる。ここで一日中ぼーっとするだけでパラダイスです♪
IMG_2311
IMG_2311
その3:ナチュラルワインが豊富 ビオワインではなく、ナチュラルワイン。メルボルンの周りにはワイナリーも多く、ヒッピーカルチャーを実践する生産者たちが独自の方法で添加物なしのワインを作っています。
IMG_2299
IMG_2299
酵母の味が生きているワインはそれぞれに個性的で、アーティなラベルを見ているだけでも楽しい。そんなワインセラーやナチュラルワインを扱うビストロも多く、飲み比べをするのも楽しいのです。
IMG_2291
IMG_2291
その4:美味しいくてオーガニックなカフェでいっぱい メルボルンはカフェカルチャーの発信地。町中至る所にカフェがあり、有名バリスタを多く輩出しています。私はコーヒーが飲めないけど、そんなカフェのインテリアや雰囲気が大好きです。
IMG_2108
IMG_2108
IMG_2116
IMG_2116
食事もオーガニック、グルテンフリー、ベジタリアン対応しているカフェが普通にあります。ヘルシーでしかもおしゃれで美味しい。体がウキウキするメニューが嬉しい。
IMG_2344
IMG_2344
オーガニック先進国だけあって、マーケットも充実して、ビクトリアンマーケットはヘルシーな野菜や肉だけでなく、テイクアウトも充実しているので1日中いても飽きません。私はここでマヌカハニーやスパイスなどを大量に購入。
IMG_2107
IMG_2107
その5:人が素晴らしい ストリートペインティングで有名な街はとにかく、人が優しいのです。街に公園が多く人も穏やかなメルボルンは人種も様々、ゲイカルチャーも楽しく、いろんな人が自由に生きている。
IMG_2487
IMG_2487
その解放された空気は常日頃息苦しい東京とは違うのです。LGBTQ、そんな壁も人種の壁もない街は居心地がいい。そう思える街です。 ここに挙げきれていない魅力もまだまだあるメルボルンですが、東京に疲れたらまたふらっと行こうかなと思える場所です。世界一住みやすい街に選ばれたのも納得。是非一度訪れてください!

ヌメロ・トウキョウ 2017年6月号はこちら

Profile

軍地彩弓Sayumi Gunji エディトリアル・アドバイザー。大学在学中よりフリーランスライターとしてキャリアをスタート。卒業後は雑誌『ViVi』でファッションライターとして活躍し、創刊から在籍していた『GLAMOROUS』のファッションディレクターに就任。2008年に現コンデナスト・ジャパンにて新雑誌創刊に尽力した後、『VOGUE girl』の創刊と運営に携わる。2014年、株式会社gumi-gumiを設立し同年7月より『Numero TOKYO』に参加。ドラマ「ファーストクラス」のファッション監修など幅広く活躍。

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する