272
Culture Editor's Post
いつまでも眺めていたい! 永井博の個展「Penguin’s Vacation Restaurant 2017」
永井博, numero tokyo,

 

80年代以降、数々のレコード・ジャケットを手掛けてきた永井博さんが描く“永遠のバケーション”。青く澄んだ空、暑い日差しが今にも肌に感じられるような、そんな唯一無二のイラストレーションに、いつも心のときめきを隠せません!

永井さんの作品に初めて出合ったのは、自宅にあった父のものとおぼしき大滝詠一さんのアルバム「A LONG VACATION」のジャケット。アルバムのなかの音楽を日に日に聞き込んでいくとともに、このジャケットに心ざわめくように魅了されていたような。。。

昨年に続き、エキシビション「Penguin’s Vacation Restaurant」の第二弾が今年も開催されると知り、早く行きたい!!今回はこれまでのワークスからトロピカルなイラストレーションがピックアップされているそう。

uru02
uru03

発売中の「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年6月号、最近話題の“FLOW(=没頭する)”というキーワードについて、3名の識者へのインタビュー内で山口揚平さんが、「日々情報のシャワーを浴びまくる私たちが、意識の余白部分を作るのに有効なのが、旅を含め、移動をすることです」(本文より)とおっしゃっていました。そのできた余白部分には新たな知識が蓄えられ、そうすることで自分の好きなこと、したいこと、必要なことが見えてくるのだそう。

できるだけ休日は東京を離れ“移動“をすることで、リフレッシュされる感覚をまさに最近感じていたところ。きっと私も余白部分を作れたことで、平日とのバランスを取ることができていたのだと、うんうんと頷けるお話しでした。

IMG_4782のコピー

きれいで独特な色彩、クリアな画風で描かれる作品から、鮮やかな日差しが溢れる色褪せることのないバケーションの地へ、気分だけでも入り込める、“移動”できることも、永井さんのイラストレーションに惹かれる理由なのかなと思いました。あぁ、ずっと見ていたいです。

自分にとっての至福な時間や場所、コト。「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年6月号では、そんな自分にとってのパラダイスなことを多方面からご紹介。ぜひチェックしてみてください!

*画像はすべて昨年の展示より。

展覧会の情報はこちら

ヌメロ・トウキョウ
2017年6月号はこちら

Penguin’s Vacation Restaurant 2017
“T・R・O・P・I・C・A・L – L・A・N・D・S・C・A・P・E”

会期/2017年4月23日(日)〜 6月26日(月)※5月21日(日)~展示替え
席種/着席
会場/Restaurant Bar CAY
住所/東京都港区南青山5-6-23 スパイラルB1F
料金/無料(要ワンオーダー)
時間/11:30-24:00(L.O. 23:00)
TEL/03-3498-5790
URL/www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2229.html

Profile

漆原望(Nozomi Urushibara)アシスタント・エディター。大学卒業後、ファッションアシスタントとして『Numero TOKYO』に参加。展示会周り、リース返却、スタイリングのお手伝いなど主にファッション撮影の準備や現場の仕事に駆け回る日々。本誌連載のパーティスナップページも担当。先輩ファッション・エディターから技を盗むべく勉強中。ジュエリーとスカーフをうまく使いこなせる女性があこがれ。生涯の課題は“ヘルシーな小麦肌を”。今年こそは、素敵な小麦肌の女性を目指します!

Recomended Post