Fashion / Editor's Post

「Junya Watanabe Comme des Garçons」2021-22AW ライブのように熱くロックなショーでした!

3月15日、東京で開催されたJunya Watanabe Comme des Garçons 21-22AWのショー。従来パリファッションウィークにて発表している同ブランドですが、日本での開催となるのは1999年以来だそう。 「不滅のロック魂」をテーマに、会場となったライブハウスではステージ上にギターやドラムがセット。ロックなコレクションピースを纏ったモデルたちは、自分たちのエネルギーを解放するかのように、生き生きしながらランウェイを闊歩していました。

スカーフ、レオパード、チェック、カモフラージュ、シークイン・・・さまざまなパターンやファブリック、またボンバージャケットやテーラードジャケット、コートを異素材で構成したり、プリーツが配されたりと多要素をドッキングしたルックが登場。なかでもヴェルサーチェ(Versace)のスカーフ地が配されたピースはコレクションの世界観を盛り上げていました! デザイナーの渡辺淳弥氏にとって、ヴェルサーチェはロックスピリットのひとつなのだそう。またその他にリーバイス®(Levi’s®)ともコラボレート。リーバイス®の定番モデル、501®の1937年、1947年、1966年、1977年モデルを使用し再構築されたアイテムが登場。


キャッチーなロックTシャツには、会場に響き渡る音楽のアーティストロゴがプリントされています。ヘアにメイク、全身でROCKを表現するモデルたちは、音楽に合わせて踊りながらフリースピリットで魅せていました。

ショーの間の数分でしたが、会場を出るときにはまるでライブを見たかのように高揚していました! それはきっと、音楽は国境を越えると言いますが、制限なく自由に自分らしさを表現できる音楽のように、自由にさまざまなディテールを掛け合わせるファッションの楽しさと力強さを感じられたからだと思います。ドレスアップして出かけるシーンが少なくなっているいま、久しぶりにファッションのおもしろさや刺激を与えてもらったショーでした!!

ショーで流れていた音楽とともにチェックすると、よりコレクションの世界観を感じられるのでぜひルックと合わせて聞いてみてください!

Profile

漆原望Nozomi Urushibara ファッション・エディター。大学卒業後『Numéro TOKYO』に参加し田中杏子に師事。ファッションストーリーやシューズ&バッグなどを担当し、撮影プロップ制作も行う。ミニバッグとプラットフォームシューズへの偏愛が強め。誌面でのスタイリングのほか、広告やタレントの衣装なども手がける。ほんのちょっとの可愛らしさが残るイイ女スタイルが好み。2019年にはじめたサーフィンに続き、2020年はテニスをスタート予定。

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する