Art / Post

音楽家、黒瀧節也の初個展 @ WISH LESS gallery

音楽家・選曲家・サウンドデザイナーとして活躍する黒瀧節也の個展が、注目のギャラリーWISH LESS galleryにて2019年11月2日(土)〜11月24日(日)まで開催される。

サカナクションの山口一郎が主宰するNFの一員として、GINZA SIXルーフガーデンにて開催されたサウンド・インスタレーションや、開業したばかりの渋谷スクランブルスクエアの展望施設「SHIBUYA SKY」のサウンドデザイン、先日パリで発表された「ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)」のショーの音楽を手がけるなど、多彩に活躍している注目の音楽家・サウンドデザイナーの黒瀧節也。

初個展となる本展では、「写真は時を止める現像、音楽は時を進める構造」という黒瀧独自の視点のもと、その相反する2つの創造を刻む不可逆的な作品を発表するという。

会場は、『Dazed』で東京のギャラリーTOP10にも選ばれるなど、海外メディアからも注目を集めている田端のWISH LESS gallery。展覧会を記念した限定アイテムも販売される予定。

サウンドとビジュアルが一体となって五感を揺さぶる、新しい体験をぜひ。

黒瀧節也 個展「MIND THE GAP」
会期/2019年11月2日(土)〜11月24日(日)
木・金 16:00〜21:00
土・日 12:00〜19:00 (※最終日は18時まで)
休廊日/月~水
会場/WISH LESS gallery
住所/東京都北区田端5-12-10(http://goo.gl/maps/hg72e

オープニングレセプション
11月2日(土) 18:00〜20:00
※どなたでもご入場いただけます。

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する