詩人・吉増剛造×舞踏家・土方巽、ふたりの「ネノネ」展 | Numero TOKYO
Art / News

詩人・吉増剛造×舞踏家・土方巽、ふたりの「ネノネ」展

株式会社SIGNING企画・プロデュースによるソーシャルイシューギャラリー「SIGNAL」(東京・虎ノ門)にて、詩人・吉増剛造の展覧会「ネノネ」が開催。舞踏家・土方巽をインスピレーションとした作品等が公開される。

60年以上にわたり詩/言語の可能性を極限まで追求し、比頬ない前衛的表現を次々と生み出し、現代詩に新境地を開き続ける詩人・吉増剛造。舞踏家・土方巽の肉体から放たれる特異な「声」をインスピレーションとした展覧会、「ネノネ」が開催となった。

日本文化に微かに息づく「声なき声」や「音なき音」。瞽女や娘義太夫、イタコといった歴史に消えてしまいそうな小さな「音の根」=「ネノネ」でもあるという。吉増剛造は、こうした「ネノネ」に耳を澄まし、表現をし続けてきた詩人の一人だ。本展では、小さな声に耳を傾けることが必要とされる現代社会において、詩人と舞踏家、日本を代表するアーティストの表現を通じて「ネノネ」にふれることで鑑賞者に創造性の芽を育む機会を提供するという。吉増剛造による書き下ろしの原稿展示や公開制作に加え、土方巽に関する資料も公開される。

会場となるソーシャルイシューギャラリー「SIGNAL」は昨年2023年9月にグランドオープン。来場者が情報のインプットとアウトプットの両方を担うところが特徴的だ。社会課題を表現したアートを鑑賞することで湧き上がる来場者の想いがアンケートによりアウトプットされ、そのアウトプットの集合体を、ギャラリーを手がける株式会社SIGNINGが様々な角度で「兆し」として取り扱い、社会課題解決のアイディアに昇華させていく仕組みなのだという。ぜひ注目を。

※掲載情報は5月16日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

吉増剛造展「ネノネ」
会期/2024年5月14日(火)〜2024年6月8日(土)
会場/SIGNAL
住所/東京都港区虎ノ門1丁目2-11 The ParkRex TORANOMON 1F
開館時間/火〜金曜日 11:00〜23:00 カフェ&ギャラリー(18:00以降はバータイム) 土曜日 11:00〜18:00 カフェ&ギャラリー
休日/日・月・祝日
TEL/03-6205-8220
URL/signing.co.jp/signal/

Text:Akane Naniwa

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する