ナタリー・ポートマン、出演が決まるまで『スター・ウォーズ』を観たことがなかった!? | Numero TOKYO
Culture / News

ナタリー・ポートマン、出演が決まるまで『スター・ウォーズ』を観たことがなかった!?

©Bang Media International
©Bang Media International

ナタリー・ポートマンは、出演が決まるまで「スター・ウォーズ」へのシリーズを観たことがなかったという。

1999年の前日譚『スター・ウォーズ エピソード1/ ファントム・メナス』と2002年、2005年の続編でパドメ・アミダラを演じたナタリーは、同作の「用語は知っていた」ものの、オリジナル3部作を実際に観たことはなかったそうで、ラジオ・タイムズにこう話している。「出演が決まるまで、この映画のことは全然知らなかったの!」「アメリカ文化は『スター・ウォーズ』にどっぷり浸かっているから、専門用語は知っていたわ」「たとえ映画を観たことがなくてもレイア姫の髪型やライトセーバーやジェダイが何なのか、ヨーダとオビ=ワンが誰なのか。映画を観る前からこういった言葉や名前は知ってる」「でも出演を打診されて初めて映画を見たの」

そんなナタリーは新作『メイ・ディセンバー』についても語っており、ベッドシーンの撮影は「居心地の良い」ものではなかったが、サポートしてくれるインティマシー・コーディネーターがいたことに感謝しているとして、「決して居心地の良いものではないわ。そして私たちは自分たちの間でそれを理解したの。皆がとても良いかたちで打ち明けられていたと思う」「でも特に居心地が悪かったり、敵対的だったりする撮影では、インティマシー・コーディネーターは本当に素晴らしい存在になると思う。ある種の構造的なものがあるのは助けになるわ」と説明している。

一方、トッド・ヘインズ監督からは蛇を持つ試練も科せられたそうで、「あれは「絶対本物の無毒なガータースネークだった!トッドから『ヘビの扱いは平気?』って聞かれたのを覚えてる。私は『全く平気じゃない!』って答えたわ。それから『でも君にやってもらう必要があるんだ』と言われて『いいわ。どうしてもらなきゃいけないなら!』って言ったのよ」と振り返った。

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する