自然体な心地よさをエレガントに表現。「Ferragamo」2024年春夏コレクション | Numero TOKYO
Fashion / News

自然体な心地よさをエレガントに表現。マクシミリアン・デイヴィスによる「Ferragamo」2024年春夏コレクション

現地時間9月23日(土)にフェラガモ(Ferragamo)が2024年春夏コレクションをミラノで発表した。昨年クリエイティブディレクターに就任したマクシミリアン・デイヴィスによる3シーズン目は現代的なエレガントさとリラックス感を融合させたワードローブが揃う。

イタリアとカリブ海のドレスコードの精神に類似点を見出しながら、1960〜70年代のイタリアで興った「アルテ・ポーヴェラ」をインスピレーション源としている本コレクション。「アルテ・ポーヴェラ」とは日常にある天然素材と人工物を組み合わせアートへと昇華させた芸術運動。そのオマージュからリネンやコットンをサテンにボンディングしてケープにしたり、レザーのように加工したり、磨き上げられた彫刻のような木製のアクセサリーやディテールと組み合わせられたりと自然素材を緻密なシルエットで洗練されたスタイルに創り上げた。「とてもピュアでストレートなコレクションにしたいと考えました。親しみやすいワードローブであると同時に、手で触れた感覚がおもしろいものを作りたかったのです」とデイヴィスは語る。

レザー仕立てのヴィンテージのような風合いのアイテムは、気取らない心地よさを表現し、正統派なテーラリングには、流れるようなスリットがあしらわれている。また、目を惹いたのが18世紀のカリブ海の装いから着想を得たドレス。ビスコース・ジャージーのドレープにルネサンス期の甲冑を彷彿とさせる、ブラッシュドレザーの型押しボディス(コルセット)をバランスよく融合させたルックは厳格さと自由を感じ取れる。

他にも大胆な胸元の深いカッティングや、パテントのロングブーツとの組み合わせ、Tシャツを引っ張ったようなツイストなど、ディテールにデイヴィスの感性が光るルックも登場。「フェティシズムは、私のクリエイションのDNAといえるもので、それを日常生活やワードローブに取り入れることで、新しいモダンなものを生み出せると思っています」

フットウェアにもコレクションのテーマが反映されている。ラテックス加工されたナッパレザーのシューズやブーツは、デイヴィスの美意識とフェラガモの誇る靴づくりのクラフツマンシップを活かし、快適な履き心地を実現。1955年のアーカイブ「Calypso」からインスパイアされたバナナケージ状のヒールやプラットフォームでおなじみの曲線的なヒールは、ホーン調の光沢のあるサンダルやビーズやストーンをあしらったTストラップに。

ハンドバッグは前回のコレクションから続くグラフィカルなラインと幾何学的なフォルムを継承。ブランドの代表的なバッグ「HUG(ハグ)」の新たなモデルや、シンメトリーなシルエットにゆがみと遊び心を加えた、フェラガモのアーカイブのライターをクロージャーとして 取り入れたショルダーバッグ「FIAMMA(フィアンマ)」が登場する。クラシカルなワンハンドルバッグには、今シーズンの自然体なムードを象徴するウッドビーズやフリンジがあしらわれている。

FERRAGAMO SS24 SHOW

FERRAGAMO
フェラガモ·ジャパン
TEL/0120-202-170
URL/http://www.ferragamo.com

Text:Naomi Sakai

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する