アイリッシュウイスキージェムソン主催のイベント「Tokyo Skate Plaza by Jameson & Dickies」が大盛況のうちに終了! | Numero TOKYO
Life / News

アイリッシュウイスキージェムソン主催のイベント「Tokyo Skate Plaza by Jameson & Dickies」が大盛況のうちに終了!

限定デザインボトル『ジェムソン Dickies リミテッド』の発売を記念して、9月22日(金)に国立競技場・大型駐車場にて総勢220名の来場者とともにスケートボードコンペやトークショーが開催された。

アイリッシュウイスキーの「ジェムソン」とワークウエアを代表する「ディッキーズ」との異例のコラボレーションが実現し、9月4日から限定デザインボトル『ジェムソン Dickies リミテッド』が日本でも数量限定で発売開始された。そのローンチイベントとして、中田海斗氏、森中一誠氏、榊原佳耶氏をはじめとした男女のプロスケーターやストリートスケーターたち総勢10名によるスケートコンペが開催され、それぞれに 個性ある滑りを披露。

観客もウイスキーを堪能しながら、スケートボードならではの挑戦するエネルギーを体験し、会場を最も湧かせ優勝した池田大亮氏には賞品としてジェムソン1年分が授与された。


スケートボードの廃材で作る作品が世界的な人気を博しているアーティストのHaroshi氏や“YOPPI”こと江川芳文氏、プロスケーターの小島優斗氏が参加したトークセッションも開催され、オリンピック種目になり競技としての盛り上がりを見せている一方で、スケートパーク でしか滑ることができない風潮が強い今の東京のスケートシーンに対する熱い議論も繰り広げられた。

「厳しい上下関係がある部活とは違い、スケートボードは自由」と語ったHaroshi氏は、色んなジャンルの人がいて、スケートボードをすることも許されていたりもする大阪の三角公園を街の中のスケートプラザの例に出し、あらゆる人たちを受け入れてくれる懐の深さのある場所があることで都市とスケートボードとが融合しながら発展していく可能性を示唆。

また、プロスケートボーダーの小島優斗氏は、「スケートボードは上手い下手じゃなくて、どれだけ好きか。 スケートボードは年齢国籍問わず、世界中のみんなと繋がれるツール」と語った。

ジェムソン ソーダを飲みながらのリラックスした雰囲気の中、普段あまり話すことのないそれぞれの意見が交わされていた。

Jameson
ジェムソン
www.jamesonwhiskey.com/

Text: Momoko Ikeda

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する