「ブルー ドゥ シャネル」の新アンバサダーに若手俳優ティモシー・シャラメが就任 | Numero TOKYO
Beauty / News

「ブルー ドゥ シャネル」の新アンバサダーに若手俳優ティモシー・シャラメが就任

シャネルは男性用フレグランス「ブルー ドゥ シャネル」のアンバサダーに、俳優ティモシー・シャラメを起用することを発表した。

ティモシー・シャラメは1995年、ニューヨーク生まれの27歳。フランス人の父とアメリカ人の母を持つ。オフブロードウェイでキャリアをスタートさせたのち、2017年公開の映画『君の名前で僕を呼んで』の演技で国際的な評価を獲得し、史上3番目の若さでアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、注目の若手俳優の筆頭株。話題の監督の作品にも多く出演し、クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』、グレタ・ガーウィグ監督の『レディ・バード』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』、ウェス・アンダーソン監督の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』など。今年後半には主演作『デューン 砂の惑星 PART2』が公開予定。

「ブルー ドゥ シャネル」は、ティモシーにとってシャネルとの初めてのコラボレーションであり、ファッションやビューティの分野において初の公式アンバサダー就任となる。広告キャンペーンはマリオ・ソレンティが撮影、キャンペーンフィルムはマーティン スコセッシが監督(今秋公開予定)。

🄫CHANEL
🄫CHANEL

Photos : Courtesy of CHANEL Edit & Text : Naho Sasaki

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する