「CFCL」と陶芸家・桑田卓郎によるコラボプロジェクト。陶器とセットのバッグや限定色も登場 | Numero TOKYO
Fashion / News

「CFCL」と陶芸家・桑田卓郎によるコラボプロジェクトが開催。陶器とセットのニットバッグや人気アイテムの限定カラーも登場

CFCL(シーエフシーエル)」は、陶芸を軸に独自の表現を追求するアーティスト、桑田卓郎が手掛けるクラフトライン「く」とのコラボレーションプロジェクト「く×CFCL」を、NACC/日本橋アナーキー文化センターにて5月12日(金)より披露する。

本プロジェクトは、日本橋アナーキー文化センターを舞台に、2022年9月より開催されているアート、音楽、建築、ファッションなど、様々な表現者によるショーケースの第6弾。今回は、日本固有の地場産業や、手仕事、優れたものづくりを世界へと発信していくことを目的とし、「CFCL」と桑田卓郎の協業によって生まれる新たなクリエイションへのチャレンジを広く展開する。

01 | 09

会場では、「く×CFCL」のコラボレレートコレクションとして、茶器や茶道具を包む袋「仕覆(しふく)」を想起させるニット地のミニバッグと陶器製カップのセットをはじめ、器の色彩や質感に親和性を見出してデザインされたニットウェアなど、様々な限定アイテムが展示・販売される。

本プロジェクトに合わせて制作されたコラボレーションアイテムは、前述のセットの他に、ワンピース、スカート、トップス(2型)、パンツを加えた全6型。中でも出色なのは、「CFCL」が誇るシグネチャーのひとつ「POTTERY」シリーズをベースにしたアイテム群。元々、壺のような丸みのあるシルエットから“POTTERY(陶器)”と名付けられた同シリーズだが、今回のコラボレーションでは、精緻なピンタックやコンピュータープログラムが生み出す立体的なフォルムをそのままに、「く」が作る陶器の絵柄をニットの編み柄で表現した。人々の暮らしに欠かせない“器”という道具を通して、新たなデザインの可能性を模索し続ける「く」の創造性と、ファッションの領域において「Knit-ware」と銘打ち、ware(製品、器)をコンセプトにするCFCLが、有機的に結び付いたコラボレーションとなっている。

また、桑田卓郎キュレーションによる、陶芸作家5名のグループ展示・販売も同時開催。桑田と同じく岐阜県で活動する陶芸家の加藤委、川端健太郎、田中陽子、林友加、村上雄一が名を連ねる。

加藤委
加藤委

川端健太郎
川端健太郎

村上雄一
村上雄一

田中陽子
田中陽子

共通するのは、陶芸の歴史や伝統的な製法に向き合いながら、独自の創作へと昇華している作家であること。その中から、桑田が純粋に生活するなかで自身が使いたいと感じた作品が展観される。額面通りに受け取ると普段使いの器を想像するが、「今の時代に生きる作家による陶芸という、現代性」がテーマとあって、それぞれの作家性が顕在化した個性豊かな作品が集まった。

桑田卓郎
桑田卓郎

桑田卓郎
桑田卓郎

他にも「く」のインライン限定で展開している陶器と、その意匠を元にした「く インライン×CFCL」のコラボレーションアイテムも販売。こちらはピンタックとリブを組み合わせて形作った「STRATA」シリーズのトートとサコッシュで、陶器と同じストライプ柄を配したデザインとなっている。なお、「く×CFCL」及び「く インライン×CFCL」のコラボレーションアイテムは、会場となるNACC/日本橋アナーキー文化センターとCFCLの各店舗(表参道、恵比寿)、CFCLオンラインストアで販売される。(アイテムによって販売店舗や販売時期が異なるので、詳細については、「CFCL」のオフィシャルサイトでご確認を。)

自社のプロダクトに対して、「デザイナー個人の美意識を表すファッションではなく、現代を生きる人々の道具としての衣服という視点でデザインしている」と説明する「CFCL」。一方の桑田卓郎も、ロエベ財団主催のコンペティション「ロエベクラフトプライズ」で特別賞を受賞するなど、茶の湯における“侘び寂び”の新解釈を試み、伝統的な技法を独自の表現に変換し続けている。ファッションとクラフトという表現方法こそ異なれど、過去と現代を軽やかに横断しながら、新たなクリエイションを生み出す両者の邂逅をこの機会にぜひお見逃しなく。

NACC/日本橋アナーキー文化センター Vol.6 く×CFCL
エキシビジョン/CFCL、桑田卓郎、加藤委、川端健太郎、田中陽子、林友加、村上雄一

会期/2023年5月12日(金)〜5月25日(木)
会場/NACC/日本橋アナーキー文化センター
住所/東京都中央区日本橋室町 1-6-2 日本橋室町 162ビル 1F
時間/11:00〜19:00
料金/入場無料
電話番号/03-6262-3862
URL/http://nac-c.jp/
※展示開催期間は無休。

商品取り扱い店舗
・NACC 日本橋アナーキー文化センター(東京都中央区日本橋室町 1-6-2 日本橋室町 162ビル1F)
・CFCL OMOTESANDO(東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE 3F)
・CFCL YAESU(東京都中央区八重洲 2-2-1 TOKYO MIDTOWN YAESU 1F )・CFCL Online Store (https://www.cfcl.jp/collections/new-arrival
CFCL
URL/https://www.cfcl.jp/

Text:Tetsuya Sato

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する