藤井フミヤとEd TSUWAKIがコラボレーション! 新作展を開催 | Numero TOKYO
Art / News

藤井フミヤとEd TSUWAKIがコラボレーション! 新作展をFeb gallery Tokyoで開催

アーティストの藤井フミヤとEd TSUWAKIの合作による新作28点を発表する展覧会「FFEd」が、東京・外苑前のFeb gallery Tokyoにて開催。会期は、2023年3月31日(金)〜4月23日(日)まで。

チェッカーズ解散後の93年よりソロアーティストとして活動するとともに、同年にCGアート作品による初の個展を開催して以来、多彩な作品制作を行っている藤井フミヤ。昨年、南青山に一軒家のギャラリーFeb gallery Tokyoを開設した際には、自身とアートとの関係についてインタビューに応えてくれた。

(関連記事)Numero.jp 藤井フミヤが語るアートとの関係

一方のEd TSUWAKI(エドツワキ)は、1990年代にデジタルで描く女性のイラストレーションのスタイルを確立して以来、国内外のモード誌、 広告、ジャケット、ブランドとのコラボレーションなどを数多く手掛けてきた。

このたび、長年の友人同士である二人のコラボレーション展が実現。オンラインミーティングを重ね、展示するすべての作品を合作することを決定し、昨年12月から制作をスタート。二人で画材店へ出向き、本展の構想についてディスカッションを交わしながら、画用紙、キャンバス、絵の具などを買い揃えたという。

それぞれが赤で先行したものと青で先行したものをまず制作し、後日ギャラリーで交換。その余白にそれぞれが赤に対して青で応え、青に対して赤で応えるというプロセスで「Redblue」シリーズを完成させた。そのほか、紙のシリーズ、ポストカードのシリーズ、一部大型キャンバス作品なども同様に、往復書簡のようなプロセスを経て制作している。

二人の表現者が、一筆一筆で対話をするように築いてきた作品群。そのなかに広がる両者の個性あふれる世界観を、この機会にぜひ体験してみよう!

※掲載情報は4月7日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

「FFEd」 FUMIYA & Ed
会期/2023年3月31日(金)〜4月23日(日)
会場/Feb gallery Tokyo
住所/東京都港区南青山4-8-25
開館時間/13:00〜20:00
※事前予約制(来場希望日の7日前から予約可能)
休館日/月、火
URL/https://febgallerytokyo.com/blogs/exhibition/ffed-fumiya-ed

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する