パリス・ヒルトン、「頭の弱いブロンド」 のふりをするのが 「いつも得意だった」 | Numero TOKYO
Culture / News

パリス・ヒルトン、「頭の弱いブロンド」 のふりをするのが 「いつも得意だった」

©Bang Media International
©Bang Media International


パリス・ヒルトンは、「頭の弱いブロンド」 のふりをするのが 「いつも得意だった」 という。2000年代初頭にニコール・リッチーと共にリアリティ番組『シンプル・ライフ』 に出演し、世界中で知られるようになったパリス、その後、音楽業界でのキャリアもスタート、現在2枚目のアルバムのリリースに向けてスタジオ入りしており、ママになった今も「全部出来る」と考えているそうだ。

イギリスのトーク番組『ロレイン』に出演したパリスはこう語っている。「本当に (画期的だった)。私たちはパイオニアで、私たちがセレブという新しいジャンルを作った時、多くの人がそれに触発されたのを見て驚いたわ。私はいつも時代を先取りしていたの!頭の弱いブロンドじゃなくて、そのふりをするのが得意なだけ」「昔から音楽が大好きで、小さい頃からバイオリンやピアノを弾いていたわ。歌うのもずっと好きだった。今スタジオで2枚目のアルバムを制作していて、とにかく素晴らしいの」「私は全部できる!何にでもなれるし、ママにも、ビジネスウーマンにも、アーティストにも、何もかもできる気がする!」

そんなパリスは2021年に起業家のカーター・リウムと結婚、それまでの二人の関係を自身のリアリティ番組『パリス・イン・ラブ』で記録していた。

 

また今年1月には息子フェニックス君を家族に迎えたパリスは、母親になってからの自分の人生は、とても「充実している」と感じているとして、こう続けている。「私たちはずっと友達だったけど、タイミングがすべてのような気がする。私の心の周りに壁があって、それはドキュメンタリーを撮るまで取り払われなかった。カーターはそれを崩してくれた。でも私の人生は(母親になってから)とても充実していると感じるし、将来に向けてとてもワクワクしている。彼は私のすべてなの」

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する