デヴィッド・ハーバー、『ストレンジャー・シングス』が終わるときが来たと宣言 | Numero TOKYO
People / Post

デヴィッド・ハーバー、『ストレンジャー・シングス』が終わるときが来たと宣言

©Bang Media International
©Bang Media International

デヴィッド・ハーバーが『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が終わるときが「確実」に来たと宣言した。2016年に開始、ミリー・ボビー・ブラウンやフィン・フルフハードを一躍有名にした同人気ネットフリックスドラマは、次のシーズン5で終了することがすでに発表されているが、警察官ジム・ホッパー役を演じてきたデヴィッドは、俳優たちが成長したことから別れを告げる時だと考えているようだ。

デヴィッドはハリウッド・リポーターにこう話している。「可笑しなことに、番組が始まった時は僕は決して終わって欲しくないと思っていた。それほどこの番組が好きなんだ。僕が出演していなくても素晴らしい番組だと思うよ。最初のシーズンを撮影してからほぼ9年になるから、終わるときだと思う。かなりビタースウィートだけどね。悲しみもあるけど、僕たちはみな成長したから……」「僕たちは巣を離れて、ほかのことや別の作品に挑戦するときが来たんだ」

また同番組のクリエイター、ダファー兄弟として知られるマットとロス・ダファーを解放するべきだとして「(僕たちは)ダファー兄弟も別のことが出来るようにするべきだ。彼らは非常に才能があるからね。彼らが次に何をするのか見たいんだ。だからビタースウィートだけど、確実にそのときだよ」と続けた。

一方でマット・ダファーは2022年、ロサンゼルスで行われたパネルディスカッションで、エンディングを脚本を読んだネットフリックスの幹部達が涙を流したことを明かしていた。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する