LE SSERAFIMが待望の日本デビュー!「これからもずっと一緒に歩んでください」 | Numero TOKYO
Culture / Post

LE SSERAFIMが待望の日本デビュー!「これからもずっと一緒に歩んでください」

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

2023年1月27日(金)発売の『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』3月号の表紙を飾ったLE SSERAFIM(ル セラフィム)が、ついに1月25日(水)日本デビューを果たした。日本 1st シングル'FEARLESS'の発売を記念したデビューショーケースには、2,000名の選ばれしFEARNOT(ファンの呼称)が集結。記念すべき日本デビューを祝う熱い夜となった。

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

会場となったのはTOKYO DOME CITY HALL。ショーケースは「Blue Flame -Japanese ver.-」のパフォーマンスで幕開け。クリーンなホワイトの衣装に身を包んだ5人が登場すると、会場の熱気は最高潮に。ぴったりと息の合ったしなやかなダンスとキラキラの表情で魅了し、メンバーのKAZUHAが脚をすっと上げる印象的な振り付けには、FEARNOTから大きな拍手が湧き上がる場面も!

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

続くフォトセッションでは、「得意のかっこいいポーズ」、「自分だけのFEARLESSポーズ」、そして「ピース」「ウィンク」などメンバー個別のリクエストに応える愛嬌満点の姿を見せた。

SAKURA (P)&(C) SOURCE MUSIC
SAKURA (P)&(C) SOURCE MUSIC

古家正亨がMCを務めるトークタイムでは、日本デビューの心境や日本 1st シングルの収録曲などについて語り、SAKURAは「私は日本でデビューした経験もあるのですが、今日はもっと特別に感じられて、少し緊張しました。振り出しに戻ってLE SSERAFIMとして新しくスタートを切るということで、不安もあるんですけれどもFEARNOTの皆さんがきっと私たちを応援してくれると信じているので、ある意味わくわくする気持ちもあります」と期待いっぱいの表情。

KIM CHAEWON (P)&(C) SOURCE MUSIC
KIM CHAEWON (P)&(C) SOURCE MUSIC

「FEARLESS -Japanese ver.-」については、「私たちの韓国デビューアルバムのタイトル曲『FEARLESS』のJapanese ver.で、過去に囚われず揺らぐことなく前に進む私たちLE SSERAFIMの力強い姿を盛り込んでおり、私たちを最もよく見せてくれる曲だと思います」とKIM CHAEWON。

HONG EUNCHAE (P)&(C) SOURCE MUSIC
HONG EUNCHAE (P)&(C) SOURCE MUSIC

HONG EUNCHAEは「ステージで初めて歌った『Blue Flame』は、韓国デビューアルバムに収録された曲の日本語バージョンです。オリジナルバージョンにメンバーのCHAEWONさん、YUNJINさんが直接作詞に加わり、より愛着がある曲です」と解説。

KAZUHA (P)&(C) SOURCE MUSIC
KAZUHA (P)&(C) SOURCE MUSIC

LE SSERAFIM初のドラマタイアップ曲で、ドラマ『三千円の使いかた』の主題歌に起用された「Choices」について、KAZUHAは「LE SSERAFIM初の日本オリジナル曲でレトロなHIP HOPとR&Bサウンドが特徴で、ストリートカルチャー感もありスタイリッシュな魅力を存分にお見せできる曲です」と語った。

「FEARLESS -Japanese ver.-」のMVに関するコンセプトや撮影秘話も披露。

「恐れることなく前に進むLE SSERAFIMの様子を左右、上下、対角線、直線どこでも動かせるチェスのクイーンに見立てて撮影しました。日本語版のみの『FEARLESS』をぜひ楽しんでくれたらうれしいなと思います」(SAKURA)

HUH YUNJIN (P)&(C) SOURCE MUSIC
HUH YUNJIN (P)&(C) SOURCE MUSIC

「今回のミュージックビデオが韓国語ver.とは一味違うイメージで撮影されたんですが、楽しく撮影に取り組みました。お気に入りのシーンはたくさんありますが、最後にIM FEARLESSとLE SSERAFIMの赤いLEDセットのからロゴにつながるシーンが印象深かったです」(HUH YUNJIN)

また、「WHITE BACCHARIS」と「PINK MUSK」の異なるイメージで撮影されたジャケット写真については「撮影前にお互いにどんなポーズが似合うのか研究して準備したことが記憶に残っています」とKIM CHAEWON。SAKURAは「私は個人的にKAZUHAとEUNCHAEのマンネズがすっごく可愛くて、PINK MUSKの写真を個人的に写真フォルダに保存しています(笑)」と、メンバー愛をのぞかせた。

ファンからの質問に答えるQ&Aコーナーでは、それぞれに宛てられた質問に回答。「音楽の授賞式などで想像を超えるパフォーマンスを見せてくれますが、それを目指すためにメンバーが意識していることはありますか?」との質問には、KIM CHAEWONが「まず私たちはいつも満足はしないと思います。常に今の状態に満足することなく、どうしたらより完璧に、より良くなれるか本番の直前まで悩んだり相談しています」とグループのストイックな一面をアピール。EUNCHAEへの「好きな日本語は?」という質問には「『なんでこんなに美味しいの!?』」と答え、会場にいた全員がその愛らしさにメロメロに。

メンバーそれぞれが選んだチェスのピースに隠されたミッションにチャレンジするゲームにもトライ! MC古家さんとのじゃんけん対決や早口言葉などに挑戦し、笑いの絶えない和気藹々とした雰囲気のなか抜群のチームワークを見せつけた。

最後の挨拶では、それぞれがFEARNOTへの愛を伝えた。

HONG EUNCHAE「私にとって今日はとってもドキドキするうれしい日だったんですが、FEARNOTと一緒に過ごせてよかったです。ありがとうございます!これからの活動にも期待してください!」

KAZUHA「今日は寒い中私たちのショーケースに来てくださって本当にありがとうございました。これからも皆さんに会える機会がたくさん増えるように一生懸命頑張っていくので、これからも応援よろしくお願いします。暖かくして気をつけて帰ってください」

HUH YUNJIN「日本でデビューすることができて本当にうれしいですし、これからの活動が楽しみです。これからもFEARNOTの皆さんと一緒にしたいです!大好きだよー!」

SAKURA「今日は寒い中、そして平日にも関わらず、私たちのデビューショーケースにお越しいただいて本当にありがとうございました。これからFEARNOTの皆さんともっともっと素敵な景色を見られたらうれしいと思うのでこれからもずっと一緒に歩んでください。今日は本当にありがとうございました」

KIM CHAEWON「今日は日本でのデビューショーケースにお越しくださったFEARNOTの皆さん、ありがとうございます。これからの日本でのLE SSERAFIMの活動もたくさん期待してください」

 (P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

最後は、お待ちかねの「FEARLESS -Japanese ver.-」をお披露目。初の日本ショーケースを成功に収めた。日本 1st シングル ‘FEARLESS’は1月24日付のオリコンデイリーチャートで1位を獲得するなど、早くも注目を集めている。

彼女たちの日本デビューに対する思いは、ぜひ『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』3月号でもチェックを!

 

Text: Yukiko Shinto

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する