アナ・デ・アルマスの役をカットした『イエスタデイ』製作陣が提訴される | Numero TOKYO
People / Post

アナ・デ・アルマスの役をカットした『イエスタデイ』製作陣が提訴される

©Bang Media International
©Bang Media International

アナ・デ・アルマスのファンが、ヒメーシュ・パテル主演作『イエスタデイ』からアナの役をカットしたユニバーサル・スタジオに対し500万ドル(約6億7000万円)を求める訴えを起こした。コナー・ウールフさんとピーター・マイケル・ロスザさんは今年1月、予告編に登場していたアナを見るために、アマゾン・プライムで3ドル99セント(約530円)を支払い、ザ・ビートルズをテーマにした同2019年作を借りたものの、本編ではアナの登場シーンがカットされていたことで落胆したそうだ。

2人は、謎の大規模な停電によりザ・ビートルズがインターネット上から姿を消してしまった世界で、同バンドの音楽を知る数少ない1人となったミュージシャンの姿を描いた同コメディ作の210秒の予告編では、アナが15秒間登場していたものの、完成版には本人が出ていなかったことからユニバーサルが「虚偽の表現」をしたと指摘、500万という数字は、アナが完成版に登場しなかったことで、がっかりしたファンの数と等しいとしていた。

この訴えに対し、ユニバーサル側は、予告編は、米憲法修正第1項で保障された言論の自由のもとにあり「非営利的」と捉えられるべきであると反論したものの、今回スティーブン・ウィルソン連邦判事は、「予告編は創造性及び編集における一定の決定権が関与するが、営利目的であるという予告編の本質を超えることはない」「予告編の中核は、映画のプレビューを消費者に提供することにより映画を売り込むことを目的とした広告である」として、カリフォルニア州の虚偽広告法など営利目的の発言に関する規制下にあるという決断を下し、提訴を認めた。

ユニバーサル側は、『ジュラシック・パーク』の予告編でも公開版には登場しないシーンが含まれていたことから、この判決により今後同様の訴訟が起きることが予測されると指摘している。

アナは、『イエスタデイ』で主人公の恋愛対象となる役を演じていたが、『フォー・ウェディング』などで知られる脚本のリチャード・カーティスは、メインの相手役エリー(リリー・ジェームズ)から関心が遠ざかることを観客が望んでいないと思いそのシーンを最終版でカットしたと説明、「あれは非常にトラウマ的なカットでした。彼女は素晴らしかったですからね」「あの映画の中で私達のお気に入りのシーンの1つだったんです。でも全体を考慮して、カットしなければなりませんでした」とシネマブレンドに話していた。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する