マリリン・モンローを演じるアナ・デ・アルマスの訛りを遺産管理団体が擁護 | Numero TOKYO
People / Post

マリリン・モンローを演じるアナ・デ・アルマスの訛りを遺産管理団体が擁護

Bangshowbiz
Bangshowbiz


マリリン・モンローの遺産管理団体がネットフリックスの新作映画『ブロンド』に主演するアナ・デ・アルマスを擁護している。『お熱いのがお好き』『バス停留所』『紳士は金髪がお好き』などのヒット映画に出演した後、1962年に薬物過剰摂取により36歳の若さで他界したマリリンの肖像権を所有するオーセンティック・ブランズ・グループが、先週トレイラーが配信されて以来アクセントが似ていないと指摘されているアナを応援するコメントを出している。

マーク・ローゼン社長は、バラエティにこう話している。「マリリン・モンローは、世代や歴史を超えたハリウッドと大衆文化における並外れたアイコンです。俳優なら誰もが、これが大役であることを理解しています。トレイラーを見る限りでは、アナは素晴らしいキャスティングで、マリリンの華やかさ、人間性、弱さを捉えています。映画全体を観るのが待ちきれません」

アナは以前、来月配信開始予定のマリリン・モンローこと本名ノーマ・ジーン・ベイカーの人生を描いた米作家ジョイス・キャロル・オーツによる小説の映画化作品に向けて、1年以上アクセントを練習してきたことを明かしていたほか、同作のアンドリュー・ドミニク監督がキューバ出身女優をマリリン役に起用したことは、「画期的だ」と話していた。

   

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する