さらにパワーアップしたLE SSERAFIMに注目! 2ndミニアルバム「ANTIFRAGILE」で待望のカムバック | Numero TOKYO
Culture / Post

さらにパワーアップしたLE SSERAFIMに注目! 2ndミニアルバム「ANTIFRAGILE」で待望のカムバック

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

HYBEが手掛ける韓国の5人組ガールズグループ・LE SSERAFIM(ルセラフィム)が、2ndミニアルバム『ANTIFRAGILE(アンチフラジャイル)』の発売を記念し、10月17日韓国・ソウルにてメディアショーケースを行った。

KIM CHAEWON(キム・チェウォン)、SAKURA(サクラ)、HUH YUNJIN(ホ・ユンジン)、KAZUHA(カズハ)、HONG EUNCHAE(ホン・ウンチェ)からなる同グループは、今年5月に「FEARLESS(フィアレス)」で華々しくデビュー。5か月ぶりのカムバックとなる今回は、“試練に直面するほど、より強くなる”(ANTIFRAGILE=壊れにくい)というメッセージが込められた、彼女たちらしいポジティブで強い女性像が浮かび上がるアルバムとなっている。

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

冒頭にデニムの衣装に包まれたメンバーが登場し、一言ずつカムバックの意気込みを語った。

(P)&(C) SOURCE MUSIC

HUH YUNJIN「デビューのときよりもっと大きなプレッシャーを感じたような気がします。その分頑張ったので、ステージの上で余裕をもって楽しむ姿をお見せしたいです」

(P)&(C) SOURCE MUSIC

KIM CHAEWON「デビュー曲の『FEARLESS』で、本当にありがたくも大きな愛をいただきました。カムバックを準備しながら、デビュー曲を超えるステージをお見せしたいと思っていました。今回も本当に一生懸命準備したので、『ANTIFRAGILE』のステージもぜひお楽しみください」

(P)&(C) SOURCE MUSIC

KAZUHA「デビューアルバムを準備するときは、果たして私たちのことを好きになってくださるだろうか。どんな方が私たちの音楽を聴いてくださるのだろうか。ということをよく考えていました。今回は待ってくださるファンのみなさんがいらっしゃったので、もっと頑張って準備することができました。今回の活動のためにさまざまなステージを準備したのでぜひ楽しみにしていてください」

(P)&(C) SOURCE MUSIC

SAKURA「5ヶ月ぶりにカムバックすることになりました。デビューを準備するときはプレッシャーもありましたし、緊張する気持ちが大きかったのですが、今回のアルバムを準備しながらとてもドキドキしましたし、ステージを早くお見せしたいという気持ちでいっぱいでした。こうしてカムバックすることができてうれしいです」

(P)&(C) SOURCE MUSIC

HONG EUNCHAE「先立って他のメンバーが話したように、アルバムを準備している間早くステージをお見せしたいという思いでいっぱいでした。ファンの皆さんとまた会える場ができてとてもうれしいですし、一生懸命準備した分、今回の活動もとても楽しみです」

ショーケースでは、アルバム表題曲の『ANTIFRAGILE(アンチフラジャイル)』と『Impurities(インピュリティーズ)』の2曲を披露。

『ANTIFRAGILE』は、重厚感のあるラテン調のサウンドが中毒性が高い楽曲で、MVでは隕石の衝突をテーマに大迫力のストーリーが描かれている。

思わず真似したくなるダンス“マッスルキャット”について、サクラが「筋肉がポイントなので、筋肉に自信のある人はトライしてほしい」とアピール。

18日にはパフォーマンスビデオもアップされ、デビュー曲を上回るダンスの難しさが早くも話題となっている。

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

『Impurities』のパフォーマンスでは、ブラックとホワイトの衣装に着替え、床に横たわったポージングからスタート。ヒップホップリズムと甘美なコード進行が調和したR&B曲に、流麗なメロディーとLE SSERAFIMならではの魅惑的な音色が重なり、洗練された雰囲気が特徴。こちらの楽曲はHYBEオリジナルストーリー「Crimson Heart」のテーマ曲であり、HUH YUNJINが作詞に参加したことでも注目されている。

また、HUH YUNJINとともに楽曲のクリエイティブにも参加したSAKURAは、韓国語と英語で作詞することの難しさや、「Good Parts (when the quality is bad but I am)」に込められた完璧ではない自分の姿も自分の一部として受け止めるというテーマにとても共感したと話し、作詞をするときのシチュエーションなど赤裸々なエピソードを披露した。

(P)&(C) SOURCE MUSIC
(P)&(C) SOURCE MUSIC

最後に「新曲を出すというのはいつも緊張することだと思います。『ANTIFRAGILE』のステージを一生懸命準備しましたので今回の活動も無事に終えられるよう、よろしくお願いします。私たちもご期待にお応えできるよう頑張ります。ありがとうございます」とリーダーのKIM CHAEWONが締めくくった。

より団結力が深まり、怖いもの知らずのLE SSERAFIM。今後の彼女たちの活躍に注目していきたい。

Text:Shiori Kajiyama

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する