ジュリエット・ビノシュら仏女優が結束、イラン女性への連帯で髪を切る | Numero TOKYO
People / Post

ジュリエット・ビノシュら仏女優が結束、イラン女性への連帯で髪を切る

©Bang Media International
©Bang Media International


ジュリエット・ビノシュマリオン・コティヤール、イザベル・ユペールらがイランの女性との連帯を示すために髪を切った。先月16日にイランで、22歳のマフサ・アミニさんが風紀警察により逮捕され、死亡した事件を受けて、3人の他イザベル・アジャーニ、シャルロット・ゲンズブール、アレクサンドラ・ラミーら50人以上のフランス人女優が結束し抗議の意を表した。

5日(水)、「自由のために」と語りかけ髪にはさみを入れる動画を投稿したジュリエット、「Hair For Freedom」のハッシュタグと共にこうキャプションが添えられている。

「9月16日のマフサの死以降、女性主導のもとイランの人々が、命の危険を冒して抗議をしている。彼らの唯一の望みは、最も本質的な自由の獲得。そこにいる女性たち、男性たちが私たちのサポートを望んでいる」「彼らの勇気と尊厳が私たちを行動に駆り立てる。こういった最悪な抑圧を繰り返し非難しないでいることは不可能。子供を含め多くの人々が亡くなっている」「逮捕者の数は膨れ上がり、すでに多くの囚人が違法で監禁され、拷問を受けることも日常となっている。私たちは髪を切ることでその呼びかけに答えることにした」

先日にはカトリーヌ・コルシニ、アリス・ディオップ、オードリー・ディワンらフランスの映画業界関係者1000人が抗議の手紙を発表していたところだった。今回のインスタグラム投稿には、イラン出身の女性アーティスト、ガンダムのペルシャ語による反ファシストの抗議ソング『ベラ・チャオ』が使用され、2007年に映画化もされたグラフィックノベル『ペルセポリス』でイランの女性の権利に関する現実を探ったマルジャン・サトラビのヴィジュアル映像で締められている。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する