ルートヴィヒ美術館コレクションが来日@国立新美術館 | Numero TOKYO
Art / Post

ルートヴィヒ美術館コレクションが来日@国立新美術館

ヨーロッパでも有数の文化都市ドイツ・ケルンにあり、国際的に貴重なアート作品を多数所蔵するルートヴィヒ美術館。本館の代表的なコレクションを、寄贈に関わったコレクターたちに焦点を当てて紹介する展覧会が、国立新美術館(東京・六本木)にて開催中だ。

ケルン大聖堂に隣接したライン河畔に1986年、開館したルートヴィヒ美術館。美術コレクターとして名高いペーター&イレーネ・ルートヴィヒ夫妻が、ケルン市に約350点の作品を寄贈したことにより構想された美術館で、今日ではヨーロッパ随一のポップ・アートのコレクションや、ドイツ近代美術、ロシア・アヴァンギャルド、世界で3本の指に入るとされているパブロ・ピカソのコレクション、写真コレクション、世界各地の現代美術など、そのコレクションは国際的に高く評価されている。

本展では豊かな中から約150点が来日。ピカソのコレクションからは『アーティチョークを持つ女』などの8点が、またロシア・アヴァンギャルドのカジミール・マレーヴィチ、シュルレアリスムの先駆者の一人であるマックス・エルンスト、ポップ・アートを代表するアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタイン、ドイツの戦後の美術に重要な足跡を残したヨーゼフ・ボイス、マルティン・キッペンベルガーなどの作品が一堂に会する。20世紀以降の美術史を辿るように、時代ごとに異なる多様な表現を見ることができる展覧会だ。

また、ルートヴィヒ美術館の始まりとなった市民コレクターたちによる文化・芸術を愛する心と、次世代に継承しようとした試みは、美術と社会の揺るぎない結びつきを見せてくれるはずだ。ぜひお見逃しなく。

※掲載情報は7月16日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡—市民が創った珠玉のコレクション」
会期/2022年6月29日(水)〜 9月26日(月)
会場/国立新美術館 企画展示室2E
住所/東京都港区六本木7丁目22−2
開館時間/10:00〜18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
料金/一般2,000円、大学生1,200円、高校生800円 ※事前予約制(日時指定券)
休館日/火曜
URL/ludwig.exhn.jp/

Text:Akane Naniwa

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する